旬の食材が美味しく感じるのはこんな理由があった!

日本には春夏秋冬と四季がありますが、食べ物もその季節に応じた「旬」のものを食べるのが一番美味しく、また栄養価も高いと言われています。

例えばその季節にあった野菜の場合使用する農薬も少なく、新鮮で美味しいものとも言われています。

旬の食材にはどんな秘密があるのでしょうか。

その理由を紐解いてみると食べないのがもったいないと感じるはずです。

スポンサーリンク

季節に応じた体が欲する食材

例えば春先になると進学・就職などの生活環境の変化にストレスを感じやすい季節でもあります。

ストレスを感じると胃腸に負担がかかりますが、春先に旬を迎える「ふきのとう」「菜の花」「春キャベツ」などは栄養価も高く、新陳代謝を促して胃の働きを活発にしてくれる効果があります。

香りが豊かで食べるだけで春の訪れを実感できるものばかりです。

また夏になれば紫外線や暑さからスタミナ不足やビタミン、ミネラル不足になりがちですが、夏野菜は特にビタミンを豊富に含んだ野菜が多く紫外線対策にも効果的です。

夏野菜の代表なすには体を冷やし利尿作用を促す効果もあります。

このように季節の体調の変化や心の変化に適した食材が「旬の食材」でもあり、体の為にも嬉しい効果が期待できるのです。

栄養が高い時期に収穫するため

旬を迎える食材というのは、最も生育条件が整いその食材が成熟している時期であることをいいます。

その栄養価も高く健康や美容を維持する為に欠かせないものでもあります。

旬の時期とそうでない時期を比較すると食材によっても変わりますが栄養価が2~3倍も違いがあるとされています。

特に食卓で多く見かける「トマト」や「ほうれん草」もその一つで、近頃はハウス栽培などもあり通年見かける野菜ですが味わいなどの美味しさにも違いが出てきますので、旬ごとに選んで楽しみたいものですね。

スポンサーリンク

魚を旬に食べるとこんなメリットが!

また魚にも旬があり産卵期を迎える前の魚には餌をたくさん食べることから、栄養を豊富に含み脂肪分が多く美味しいといわれています。

魚の産卵期は種類によって変わるため旬の食べごろが変わります。

旬を迎えた魚には血液をサラサラにする効果が期待できるDHAやEPAなどが豊富に含まれており、私たちの健康にとっても嬉しい効果があります。

旬の食材は大人ならではの食の楽しみ方でもありますよね。

同じ食材でも食べる時期によって摂取できる栄養の量も違いがありますので、季節によって変わるさまざまな野菜や魚などの食材を使って美味しい料理を作ってみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク