津花火大会2022の日程はいつ?屋台や穴場観覧スポットを紹介!

スポンサーリンク

 

皆さんは夏の楽しい予定はもうお決まりでしょうか?

旅行にキャンプ、海や川、山でのレジャー、バーベキューなど夏には楽しいイベントが盛りだくさんですよね。

その中でも絶対に外せないイベントが、花火大会ではないでしょうか?

今回の記事では津花火大会の開催日程はいつ?屋台はどんなものがどのくらい出るの?穴場観覧スポットはあるの?など、お出かけ前に気になる情報をお届けします。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク
<

 

津花火大会2022の見どころについて

津花火大会はなんと大正時代に始まった、長い歴史のある花火大会です。

その見どころはどんな点でしょうか?

打ちあがる花火の数はなんと約1万5000発、三重県内だけでなく遠くからも見物客が訪れるほど素晴らしい花火大会です。

まずはオープニングの華やかな尺玉一斉開花、それに続いて津花火大会の名物である2隻の船から打ち上げる100発連続海上花火、そして豪華なフィナーレへと続き、一瞬も目を離す隙がないほどの豪華な花火大会となっています。

特に疾走する船から花火を海に投げ入れ、孔雀が羽を広げている様子を表現する孔雀花火は必見ですよ。

見どころ満載の津花火大会、今年はどんな華麗な花火が見れるのか、とても楽しみですね。

 

津花火大会2022の日程はいつ?

まずは津花火大会の開催日程を押さえておきましょう。

花火大会の開催日程がわからないと、話が進みませんからね。

調べてみたところ、今年の津花火大会の日程は、2022年7月30日(土)で決定しているようです。

お出かけ予定の方は、この日の予定を今から空けておきましょう。

ちなみに当日が雨や荒天などで花火大会が開催できない場合は翌々日の8月1日(月)に順延予定です。

 

スポンサーリンク
<

 

津花火大会2022のアクセス方法は?

津花火大会へのアクセス方法も事前にしっかりと調べておきたいとことですよね。

打ち上げ会場は津市阿漕浦(あこぎうら)の海岸一帯になります。(三重県津市柳山津興 津市阿漕浦)

会場へのアクセスは、公共交通機関の場合はIR・近鉄津駅東口から三重交通シャトルバス(片道220円)または津市産業・スポーツセンター(サオリーナ)無料臨時駐車場から有料臨時シャトルバス(片道220円)で10分ほどです。

車でお出かけされる場合は4000台ポートレース津の駐車場や津市産業・スポーツアリーナ(サオリーナ)の駐車場を使うことができます。

 

津花火大会2022の屋台情報

花火大会の楽しみと言えば、屋台グルメの食べ歩きですよね。

もちろん花火大会のメインの楽しみは花火観賞ですけど、屋台グルメの食べ歩きだって外せません。

津花火大会にはどのような屋台がどのくらい出店しているのでしょうか?

こればかりは実際にお出かけした方でないとわからないので、今回はツイッターから気になる口コミをピックアップしてみました。

ご覧ください。

迫力満点の花火とたくさんの屋台!

つぶつぶアイスなら溶けにくくて、撮影時も安心ですよね。

 

たくさんの屋台が並んでいるのが見えますね~。

地元のお店も屋台を出店しているようですよ~。

しかもかなりリーズナブルな価格です。

 

津花火大会はかなり屋台が充実しているようです。

何から食べようか迷ってしまいますね。

でもあれこれ迷いながら屋台を覗くのも、花火大会のお楽しみのひとつです。

お出かけするときは小銭を多めに用意しておいた方がいいかもしれません。

 

津花火大会2022の穴場観覧スポットを紹介!

大人気の津花火大会ですが、穴場観覧スポットはあるのでしょうか?

穴場観覧スポットについて調べてみましたのでご覧ください。

 

・安濃川右岸堤防

打ち上げ会場から2㎞ほど離れていますが、きれいに花火を見ることができる穴場観覧スポットです。

あまり混雑していないところも嬉しいポイントです。

距離が離れている分、ちょっと迫力には欠けますが、ゆっくりと花火を見たい方にはぜひおすすめしたいスポットです。

お子さん連れの方にもいいかもしれません。

 

・なぎさまち(贄崎灯台)

津松坂港にある打ち上げ会場近くの商業施設です。

駐車場も完備されているので、車でお出かけされる方にも、おすすめのスポットです。

トイレも完備されているので、女性や小さなお子さん連れの方にも嬉しいですね。

 

・御殿場海岸

阿漕浦一帯から少し南に行ったところにあるのが、御殿場海岸です。

打ち上げ会場から少し離れているため、例年そんなに混雑はしていないようです。

津花火大会は会場で打ち上げられるので、広いエリアから見ることができるのが魅力的な花火大会です。

部分的に見えない花火も、もしかしたらあるかもしれませんが、じゅうぶんに花火大会を楽しむことができる、スポットです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回の記事では、津花火大会について、いろいろな情報をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

お出かけされる皆さんのお役に立てるような情報をお届けできていれば、とても嬉しく思います。

行こうかどうか迷っている方には、思い切ってぜひお出かけして見ることをおすすめします。

きっと夏の楽しい思い出になるかと思いますよ。

それでは今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。