新横浜花火大会2022の日程はいつ?屋台や穴場観覧スポットを紹介!

スポンサーリンク

 

皆さんは今年の夏の楽しい予定はもうたてていらっしゃいますか?

夏には他の季節と比べても楽しいイベントがたくさんありますよね。

旅行やキャンプ、海や川、山でのアウトドア、友人がご家族でのバーベキューなど夏ならではの楽しいイベントが目白押しですよね。

その中でも絶対に外せないイベントがありますよね。

そう、花火大会です!

今回は新横浜花火大会について、開催日程はいつ?屋台はどんなものがどのくらい出店するの?混みそうだけど穴場観覧スポットはあるの?など、皆さんがお出かけ前に気になる情報をお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

赤ずきんちゃん
旅行して花火大会を楽しみませんか?
ここにタイトル

楽天トラベルならクーポン利用でお得に旅行
楽天トラベル

Yahooトラベルならお得なクーポンも
Yahoo!トラベル

【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!
じゃらん公式サイト

【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ!
JTB公式サイト

《失敗しない!》お得なホテル予約 【るるぶトラベル】
るるぶ公式サイト

めがねおじさん
今ならお得な宿も満載

 

スポンサーリンク

 

新横浜花火大会2022の日程はいつ?

まずは新横浜花火大会の日程を押さえましょう。

日程がわからないと、予定がたてられませんものね。

公式サイトを見てみたところ、今年2022年の日程は掲載されていませんでした。

なので、過去の開催日から今年の開催日を予想してみたいと思います。

前回は7月25日(木)に開催されていました。

敢えて平日に開催されているということは、日程は固定なのかもしれませんね。

となると、今年は7月25日(月)の開催ではないかと予想します。

公式ホームページに詳しい情報が発表され次第、この記事でもご紹介しますので、お楽しみにお待ちください。

 

新横浜花火大会2022のアクセス方法は?

お出かけ前に会場へのアクセス方法をしっかりと押さえておきましょう。

会場は新横浜公園一帯となります。

アクセス方法としては、JR・横浜市営地下鉄の新横浜駅から徒歩20分、JR・小机駅から徒歩15分、横浜市営地下鉄・北新横浜駅から徒歩20分です。

また当日は東急バス・綱島~新横浜の間と綱島~新羽間で折り返し運行があります。

どの駅を使うにしても、結構な距離を歩くので飲み物を持って行くなど、熱中症対策をしっかりと行ってください。

 

スポンサーリンク

 

新横浜花火大会2022の屋台情報

花火大会のお楽しみと言えば、なんでしょうか?

もちろん一番のお楽しみは花火観賞ですけど、屋台だって花火大会のお楽しみですよね。

新横浜花火大会では、どんな屋台がでているのでしょうか?

こういうことって実際に現地へお出かけされた方でないとわからないので、今回はツイッターから気になる口コミをピックアップしてみました。

屋台がない……?

屋台も楽しみにされてきた方にはがっかりですよね……。

確かに屋台がない花火大会って、とっても珍しい気がします。

屋台での食べ歩きを楽しみにいらっしゃる方も多いはずですが……。

 

他にもいろいろなツイートを見て見ましたが、なんと新横浜花火大会には屋台は出店されていないようです。

これは驚きと同時に、ちょっとがっかりですよね。

飲み物などは駅などで調達して行ったほうがいいかもしれません。

熱中症にはくれぐれもご注意して、お出かけください。

 

新横浜花火大会2022の穴場観覧スポットを紹介!

混雑が予想される新横浜花火大会ですが、穴場観覧スポットはあるのでしょうか?

・新横浜公園

花火の打ち上げ場所からは少し離れますが、高い建物など遮るものがなく、花火が良く見える穴場観覧スポットです。

また横浜市営地下鉄ブルーラインの北新横浜駅から近いというのも魅力的なポイントです。

 

・IKEA港北の屋上

高い場所にあるので、花火が良く見えます。

過去の新横浜花火大会の際は屋上が無料開放されました。

今年も無料開放されるかどうかは、まだ情報が出ていませんが、例年通りだとすると無料開放される可能性が高いかと思われます。

 

・港北水再生センター

花火の打ち上げ場所から約1㎞離れているため、迫力ある花火は残念ながら楽しめませんが、その分混雑せずにゆっくりと花火を鑑賞することが出来ます。

知る人ぞ知る穴場鑑賞スポットですね。

 

・折本西原公園

こちらの場所も花火の打ち上げ場所から約1.5㎞離れているため、迫力には欠けてしまいます。

でもこちらも混雑はほとんどなく、ゆっくりと花火を楽しむことが出来ます。

また最寄り駅は横浜市営地下鉄ブルーラインの仲町台駅となりますので、ご注意ください。

 

会場周辺はかなりの混雑が予想されますが、離れればゆったりと花火を鑑賞することは可能なようですね。

お子さん連れでおでかけされる方は少し離れた場所からの観賞がおすすめです。

 

新横浜花火大会2022の見どころについて

新横浜花火大会はどんなところが見どころなんでしょうか?

都会の夜空を美しく彩る花火、その打ち上げられる数はなんと約4500発です。

打ち上げ幅が100mを超えるスターマインや型物花火、黄金色のしだれ柳など大迫力の花火はどれも見逃せません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は新横浜花火大会について、いろいろな情報をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

街中で行われる、アクセスの良い花火大会なので、ぜひお出かけしていただきたいと思います。

きっと今年の夏の楽しい思い出のひとつになりますよ。

花火を見て夏を思い切り満喫しましょう。

それでは今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。