花粉症を和らげる方法は?花粉症に効く食べ物で免疫力アップ!!

今年もつらい、花粉の時期が到来です。

花粉症の症状はくしゃみや鼻水、目のかゆみなど人によってさまざまですね。

そんなつらい症状をを少しでも和らげたいと、願っている方はたくさんいると思います。

花粉症を完治することは難しいですが、体質改善で症状を和らげることができたら・・・

そんなつらい花粉症を和らげる食べ物をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも花粉症って何?

花粉が体内に入ってきた際、花粉に対して免疫機能が過剰に反応し鼻水やくしゃみなどのアレルギーを引き起こします。

免疫機能は外から侵入してくる病原菌から体を守ってくれる機能ですが、時にはスギやヒノキなどの花粉に対しアレルギーを起こしてしまいます。

鼻水やくしゃみなどの症状の原因は体内でヒスタミンという化学物質が分泌されるため起こるようです。

花粉症の緩和にはヒスタミンの分泌を抑えることが重要となります。

つらい花粉症の時期は?

花粉症はいつまで続くの?早く終わらないかなっと思っている方はたくさんいると思います。

そんな花粉症の時期を調べてみたら、なんど花粉は一年を通して飛んでいます。

花粉の時期を調べてみましたが、住んでいる地域によって時期が違うようです。

あくまでも参考ですが、花粉のピーク時期を下記に掲載しておきます。

2月~4月 ハンノキ・スギ
3月~5月 ヒノキ
5月〜9月 イネ科
8月〜10月 ブタクサ
8月〜11月 よもぎ
9月〜11月 カナムグラ

スポンサーリンク

花粉症の症状を和らげる方法は?

花粉症を完全に治すことは難しいですが、症状を和らげることは可能です。

いったいどうやったら症状を和らげることができるのでしょうか。

それは腸内環境を整えることが大事です。

いったいなぜ腸内環境を整えることが大事かというと、体の中の免疫機能の60%を腸内が占めているためです。

腸を元気にしておくと免疫力がアップし、花粉アレルギーの緩和が期待できますよ。

腸内環境を整えて免疫力アップするには?

では、具体的にどのようにすれば腸内環境を整えることができるのでしょうか。

まずはバランスのようい食事や運動、睡眠はしっかりとることをお勧めします。

食事は食物繊維を含む、ごぼうや人参やれんこんなどや、整腸作用のある乳酸菌やビフィズス菌が入った「ヨーグルト」を積極的に取りましょう。

あと、発酵食品なら納豆もおすすめですので朝食には必ず納豆を食べる習慣にするのもいいかもしれませんね。

1、ヨーグルト

なんといってもヨーグルトは腸内環境と整えるには欠かせません。

しかし、ヨーグルトはたくさんの種類があり、どれを選べばいいか迷いますよね。

免疫機能を高めてくれるビフィズス菌が入ったヨーグルトをご紹介しておきます。

・森永乳業ビヒダスBB536

・小岩井生乳100%ヨーグルト

・明治R-1ヨーグルト

2.食物繊維

蓮根、人参、ごぼうなどの根菜を食事に取り入れてみてください。

クックパッドなどでも花粉症に効く蓮根やごぼうを使ったレシピを紹介していますので、ぜひのぞいてみてはどうでしょうか。

忙しくて料理をしてられないという方は、スーパーで買い物時には蓮根やごぼうなどを使った料理を選んでみてくださいね。

3、納豆

ヨーグルトと並んで納豆も善玉菌を増やしてくれる効果があります。

ぜひ、朝食にとりえれてください。

そのまま、食べるのもいいですがキムチやオクラなどを混ぜて食べるのもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

花粉症を和らげる方法について見てきましたがいかがでしたでしょうか。

腸内環境を整えることの大事さもわかっていただけたと思います。

腸を元気にすることは花粉症のみならず、便秘なども解消され体全体が元気になると思いますよ。

つらい花粉症の時期を乗り切るために食生活を見直してみてはいかかでしょうか。