台風15号2019の米軍ヨーロッパの最新進路予想は?関西接近または関東上陸?

こんにちは!

みなさん8月9月は一番台風が発生すると言われていますよね。

そんな中南鳥島近海で発達中だった熱帯低気圧が台風15号になっています。

今年はすでに2個の台風が日本に上陸していますが

台風15号も今後の進路次第ではまた日本に上陸の恐れがでてきました。

この記事では今後の進路予想や日本への上陸予想などご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

台風15号(ファクサイ)2019の進路予想は?

台風15号の状況 2019年9月5日15時現在

名称:ファクサイ

大きさ:

現在地:南鳥島近海

進行方向:北西

速さ:20km/h

中心気圧:1002hPa

中心付近の最大風速:18m/s

最大瞬間風速:25m/s

南鳥島近海で発達中していた熱帯低気圧が

9月5日(木)15時に台風15号(ファクサイ)になっています。

台風15号ですが進路をゆっくりと北西に進んでいるもようで

週末9月7日辺りには小笠原諸島に近づきその後北上し

9月8日の日曜日には関西から関東にかけて上陸する恐れがあります。

今回の台風は非常にコンパクトのようで台風から離れた地域では

大雨の恐れは低いものの直撃した場合には猛烈な雨や風に

なる恐れもありますので今後の台風15号の動きには細心の注意を

はらってくださいね。

特に週末お出かけを考えていたならば予定を変更するのも

ありだと思いますよ。

9月5日の気象庁の台風15号の進路予想です。

出典 気象庁ホームページ

追記

9月6日の気象庁の台風15号の進路予想です。
9日の深夜に関東に上陸しそうな感じですね。

米軍の台風15号の進路予想です。

出典 JTWC

米軍の進路予想では9月8から9日にかけて

関東方面へ上陸する進路予想となっていますね。

やはり台風の直撃は逃れられないのでしょうか?

ヨーロッパの台風15号の進路予想です。

9月6日の時点ではまだ日本から離れていますが

先日発生した台風13号が九州の西を北に向かっていますね。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

9月7日時点でも台風15号はまだ日本本土から離れていますが

やはり台風13号が気になりますね。

九州地方の方気を付けてくださいね。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

9月8日時点では関東の南に台風15号が進んでいます。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

9月9日時点では関東に台風15号がに上陸しています。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

9月10日時点では日本列島から離れています。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

出典 Windy

台風の進路予想ですが日本、米国、ヨーロッパどの進路予想でも

関東辺りに上陸しています。

週末日曜日から月曜日辺りは関東を中心に大雨などが

予想されますのでお出かけの際には十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

台風15号(ファクサイ)の名前の由来は?

みなさん知ってましたか?

台風には140個の名前があらかじめ用意されていることを。

名前は発生された順番でつくようで今回は「ファクサイ」でしたね。

今回はラオスが用意したもので「女性の名前」が由来ですよ。

女性の名前で可愛い感じですが実際台風なので恐ろしいですよね。

ネットの反応は?

ネットでも台風15号のことを

心配する声があがっていますね。

スポンサーリンク

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに台風15号についてまとめさせていただきました。

次々と台風ができていったい地球はどうなっているのって感じですが・・・

今回は直撃することは避けられないかもしれませんね!

台風15号の動きには十分警戒してくださいね。

さらに台風か近づくにつれ交通網にも影響してきますので

早めの移動なども検討しておいた方がいいですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事

台風13号2019米軍とヨーロッパの進路予想は?九州上陸または関西接近?