台風13号2019米軍とヨーロッパの進路予想は?九州上陸または関西接近?

スポンサーリンク

こんにちは!

 

みなさん9月が一番台風が日本に近づく数が多いって知ってましたか?

 

9月に入り早速ですがフィリピンの東で発達した熱帯低気圧が

台風13号(レンレン)になったようですよ。

 

今後の進路次第ではまた日本に上陸の恐れが・・・

 

先日、九州では前線が停滞し記録的な大雨を降らせていますので

今後の進路が心配ですね。

 

この記事では今後の進路予想や日本への上陸予想など

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風13号(レンレン)2019の進路予想は?

台風13号の状況 2019年9月2日15時現在

名称:レンレン

大きさ:

現在地:フィリピンの東

進行方向:北西

速さ:20km/h

中心気圧:1000hPa

中心付近の最大風速:18m/s

最大瞬間風速:25m/s

 

9月2日の午後9時にフィリピンの東の海上に

あった温帯低気圧が台風13号になりました。

 

台風13号は発達しながら北上し、9月5日(木)ごろから

沖縄方面に近づくかもしれないようです。

 

沖縄を通過後は東シナ海を北上する予想ですが

九州方面には影響がでるかもしれませんので警戒が必要ですよ。

 

また、台風が北上していくると秋雨前線に湿った空気が流れ込み

台風から離れていても大雨になるおそれもあります。

 

西日本、特に九州は先日の大雨で被害を受けたばかりで

再び台風13号が上陸するのか心配ですよね。

 

気象庁の台風13号の進路予想です。

出典 気象庁ホームページ

 

気象庁の進路予想で最悪一番右のルートを

通った場合には九州や西日本への影響及び上陸の可能性もありますね。

 

さらに右へ進路をとれば関西方面にも影響が出てしまうのではないでしょうか。

 

今後の台風の進路には注意してくださいね。

 

気象庁の台風13号の9月3日の状況です。

9月6日から7日にかけて九州方面にかなり接近していますね。

今のところ予想では日本本土への上陸はないかもしれませんが

今後の動きには十分経過してくださいね。

出典 気象庁ホームページ

 

気象庁の台風13号の9月4日の状況です。

西日本方面はまだまだ油断はできませんが少し西寄りに進路が変わってきましたね。

出典 気象庁ホームページ

 

気象庁の台風13号の9月5日の状況です。

台風13号の状況 2019年9月5日12時現在

名称:レンレン

大きさ:非常に強い

現在地:宮古島の南約30km

進行方向:北

速さ:15km/h(7kt)

中心気圧:945hPa

中心付近の最大風速:45m/s(90kt)

最大瞬間風速:65m/s(130kt)

 

台風13号ですがかなり勢力を増して沖縄地方を北に北上しています。

今後の進路予想では日本本土への上陸の可能性は低くなってますが

台風情報はこまめにチェックしてくださいね。

出典 気象庁ホームページ

 

米軍の台風13号の進路予想です。

 

出典 JTWC

 

米軍の進路予想でも気象庁同様に9月5日(木)ごろから

沖縄から九州方面を通るルートを示していますね。

 

9月7日8日の週末は十分に警戒が必要ではないでしょうか。

 

更に米軍の画像では台風の卵が2個も発生してますね。

こちらも警戒が必要ですね。

 

ヨーロッパの台風13号の進路予想です。

 

9月3日はまだ日本の南の方ですね。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

9月4日は沖縄地方にかなり接近しています。

沖縄地方は十分警戒が必要ですね。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

9月5日です。

進路は米軍や気象中同様に九州方面へ向かっています。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

9月6日は九州の西の方に上陸の恐れがあります。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

9月7日九州を北上しています。

先日の大雨の後だけに厳重な注意が必要ですね。

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

9月8日は日本海に抜けているものの西日本や北陸方面は

注意が必要ではないでしょうか?

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

よく当たると言われるヨーロッパの進路予想でも

やはり西日本、九州方面へかなり接近すると予想されています。

 

各予想が外れて台風13号が日本に上陸しないのが一番

いいのですが今後の動きに注意ですね。

 

スポンサーリンク

台風13号の名前の由来は?

みなさん知ってましたか?

台風には140個の名前があらかじめ用意されていることを。

 

名前は発生された順番でつくようで今回は「レンレン」でしたね。

今回は台湾が用意した名前で由来は「少女の名前」ですよ。

 

名前は可愛い感じですが実際台風なので恐ろしいですよね。

 

ネットの反応は

ネットでも台風13号の今後の動きについて

いろいろ意見が飛び交っています。

 

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりに台風13号についてまとめさせていただきました。

 

九州では先日の記録的な豪雨の被害にあった

地区もたくさんあると思います。

 

今回も最悪は上陸の危険もありますので今後の台風13号の

動きには十分警戒してくださいね。

 

さらに台風か近づくにつれ交通網にも影響してきますので

早めの移動なども検討しておいた方がいいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク