なせばなる秋まつり2022の屋台情報や日程について!アクセスや駐車場についても

スポンサーリンク

 

こんにちは♪

みなさん今回はなせばなる秋まつり2022について紹介していこうと思います。

上杉鷹山のなせばなる、から来るチャレンジ精神がテーマの祭りとして山形県で開催しているなせばなる秋まつりは、山形県で開催されている祭りです。

色々なステージや物産展などがあり、見ても楽しめるし食も楽しむことができる祭りとなっているんでよね。

それに県外の方も楽しみにしている方が多く、毎年多くの人が訪れる祭りとなっていますが、祭りの日程などは行く前にチェックしておきたいところ!

そこで今回は、2022年のなせばなる秋まつりについて、日程や屋台情報、アクセスや駐車場についてを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

なせばなる秋まつり2022とは?

 

まず「なせばなる秋まつり」について、どんな祭りなのかというと、チャレンジ精神がテーマの祭りとなっていて、様々な催しものが開催される祭りとなっています。

こちらの祭りで開催されている事としては、まずグルメ系がたくさんあり、丼ものや交流物産、その他たくさんのご飯ものの屋台が出店されるので、こちらを楽しむだけでも十分すぎるほどの量があります。

また棒杭市の再現やステージでの催し物など楽しめるポイントがたくさんあり、自分に合った楽しみ方ができる祭りとなっていて、見どころが盛りだくさん過ぎるくらいある祭りなんですよね。

 

なせばなる秋まつり2022の日程やスケジュールは?

なせばなる秋まつりに行く場合は、日程やタイムスケジュールも知っておくと自分のスケジュールが立てやすいです。

そこで気になる祭りの日程ですが、毎年9月最後の土日に開催されているので、2022年は9月24日と9月25日になります。

タイムスケジュールは、9月24日は10時00分〜17時00分9月25日10時00分〜16時00分となっています。

二日間のタイムスケジュールは終わりの時間が1時間違うだけで基本的には同じため、どちらかに行くだけの方でもそこまでタイムスケジュールを気にしなくても大丈夫ですよ。

 

スポンサーリンク

 

なせばなる秋まつり2022の場所やアクセス方法は?

なせばなる秋まつりは魅力ある部分が多い素敵な祭りですので、実際に行きたい方も多いですよね。

そこで祭り会場に行く際に知っておきたい会場の場所やアクセス方法について、こちらも紹介していきます。

祭り会場は山形県米沢市、松がみさき公園・伝国の社周りとなっていて、地元の方ならそこまで行くのが難しい場所ではありません。

アクセス方法は、JR米沢駅から徒歩で30分ほどの場所にあり、米沢市役所からは有料ではありますがシャトルバスが出ています。

ですので、このどちらかを利用するのが定番のアクセス方法になります。

車で行くことももちろん可能ではありますが、会場周辺には駐車場がないので、市役所近くや会場から少し遠い駐車場を利用する必要がありますね。

どちらにしても歩くことになりますので、できれば最寄り駅まで電車で行くか、市役所のシャトルバスを利用して足を運ぶのがおすすめです。

 

なせばなる秋まつり2022の屋台情報!

なせばなる秋祭りでは屋台も多く出店しており、それを楽しむのがこの祭りの醍醐味の一つとなっています。

屋台はグルメ系が種類豊富で、出店数もかなりあるのでこれを楽しむのももちろんですが、他の祭りにない特徴的な部分として、棒杭市です。

こちらは上杉鷹山時代にあった無人販売を現代に再現しているコーナーとなっていて、販売されているものとしてはご当地の農産物、手作りのアイテムなどが販売されています。

屋台の雰囲気も他の物とは少し違い、なせばなる秋まつりにしかない楽しみが詰まっているので、こちらの屋台に足を運んでみるのがとてもおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

なせばなる秋まつり2022の駐車場について!

電車やバスを利用していくのはもちろんですが、駐車場についてもチェックしておく必要があり、特に車で行くことが決まっている方は事前に知っておくことが大切です。

まず注意しなくてはいけないのが、会場周辺には駐車場がないという点です。

ですので、会場近くまで車で行って駐車することができず、少し遠めの駐車場を探す必要があります。

また、例年では米沢市役所と置賜総合支庁を無料の駐車場として臨時に設置しているので、車で行かれる方はこちらに駐車し、市役所から出ている無料シャトルバスを利用するのがおすすめです。

無料駐車場:
松が岬おまつり広場駐車場(約300台)
米沢市役所(約400台)
※米沢市役所からは有料シャトルバスを運行

これ以外の方法はなかなか駐車するスペースがありませんので、車で行かれる方は十分に注意してくださいね。

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

今回は山形県で毎年開催されているなせばなる秋まつり2022について紹介してきました。

こちらのまつりは屋台が多く出店されており、グルメ系のものも多いですし、棒杭市という昔の屋台の再現しているものもあり、こちらはまた違った楽しみがある屋台となっています。

アクセスの方法は最寄り駅の米沢駅で降りて徒歩で向かうか、米沢市役所から出ているシャトルバスに乗るのがおすすめです。

開催日は9月最後の土日となっていて、時間はどちらも10時からとかなり早い時間から開催されており、初日は17時まで、2日目の16時までとかなり長い時間開催されています。

ですので、かなり時間に余裕をもって行くことができる祭りなのも嬉しいポイントですね。

なせばなる祭りに行く予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。