三国花火大会2022の穴場スポットや日程は?アクセス方法や屋台情報を紹介!

スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

ついにが来ましたね~♪

夏といえば、夏祭り・花火・海などたくさんの楽しいことが思い浮かぶかと思います。

中でも福井県坂井市で開催される「三国花火大会は、北陸最大級との呼び名にふさわしい大花火大会です。

会場がサンセットビーチとなっており、他の会場にはないワイドな演出かつ大迫力な花火を楽しむことができます!

そこで今回は、三国花火大2022について日程や穴場など紹介していきますので、是非最後までゆっくりとご覧になって参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

三国花火大会2022の日程はいつ?

開催日程:2022年8月11日[小雨決行・荒天時は翌日翌々日に延期]

打ち上げ時刻:19:30~20:30

開催場所:福井県坂井市/三国サンセットビーチ九頭竜川ボートパ-ク

例年の人出は23万人!すごい数の人達が毎年見に行くんですね!

日程は夏の風物詩として8月11日が定着していて、お盆休みにより家族が帰省している時期にと地元の方たちからの意見で決まったようです。

三国花火大会2022では、有料観覧席チケットが販売されます。

チケットの販売日は令和4年7月1日(金)10時~です。

早めに購入しておくと安心ですね!

三国サンセットビーチ・九頭竜川ボートパーク・米ケ脇区道観覧席 の3か所があります。

総席数2525席、値段は1人席で¥2,500~¥12,000と幅広く用意されています。

花火の周りを囲うような位置設定になっているので、どこからでも比較的迫力のある花火を観ることが出来るかと思います。

有料観覧者向けのシャトルバスが近隣の駐車場から出ているので、そちらを利用するとスムーズに会場まで向かえますね。

有料観覧席のチケットはローソン・ミニストップ店頭Loppi端末からか、WEBページから購入が可能です。

当日は熱中症対策により、入場は15:00以降しかできないので注意してください!

またトイレは常設5か所、仮設約100基あります。

 

三国花火大会のアクセス方法は?

場所:三国サンセットビーチ

住所:福井県坂井市三国町宿三国サンセットビーチ

最寄り駅:えちぜん鉄道三国港駅から徒歩3

車:北陸道金津ICから車で25分

電車 JR北陸本線福井駅→三国港駅(約47分・¥770)

車  加賀インター→三国付近(約30分)
   金津インター→三国付近(約20分)
   丸岡インター→三国付近(約35分)

前回の情報によると海沿いのかもめ道りは完全に通行止めになります。

サンセットビーチ側16:00~22:00、九頭竜川ボートパーク9:00~21:30の交通規制があります。

打ち上げが終わっても1時間30分ほど交通規制が続くようですね。

当日の臨時駐車場について(2019年時情報)

・テクノポート(第二駐車場まである)→会場近くまでシャトルバスが出ている
ここから下は会場まで徒歩約30分
・三国運動公園
・三国体育館
三国税務署
・三国中学校
・みくに市民センター
・三国成田山駐車場

道路沿いにも臨時駐車場が設けられているようです。

今年は約4000台の駐車場が設けらます。

車で行く方は早めに向かい確保しておいたほうが良さそうですね!

花火大会が終わったあとの渋滞がすごいようです。

 

渋滞で帰宅が夜中になるなんて、これはつらいですね。

 

赤ずきんちゃん
Twitterの渋滞情報を見ていると、花火を観終えて帰ることも考えると公共交通機関を使うほうが早く帰れるかもしれないです…
めがねおじさん
周りは民宿がいくつかあるようなので、近くに宿をとってもいいですね!

 

三国花火大会の屋台情報

屋台ってテンション上がりますよね~!

三国花火大会では屋台は出ているのでしょうか?またどんな屋台が並ぶのでしょうか?

Twitterの情報によるとたくさんのが屋台ありますね~

かき氷もかわいいお花型の入れ物に入ってますね!

他にも電球のような光るカップに入っているジュースもあるようです。

インスタ映えにもなりそうですね♪

 

唐揚げもすごい行列です!

 

今年はどんな屋台が並ぶのか楽しみです!

いくつか買って食事を楽しみながら、花火を鑑賞するのもいいですね。

 

三国花火大会の穴場観覧スポット紹介

三国花火大会の穴場観覧スポットについてもご紹介しておきますね。

・汐見公園

会場から若干離れる分少し人は少なめかと思います。

公園には駐車場とトイレも併設されておりますが、花火大会当日は使用できない可能性もあるので注意が必要です。

 

・西光寺

花火打ち上げ場所の近くです。

近い分音と振動をより近くで楽しめますね。

西光寺には階段があり、座ってゆっくり鑑賞が可能かと思います。

 

三国花火大会2022の見どころ

実際どんな花火が見れるのか気になりますよね!

三国花火大会の1番の名物は「水中花火」!

水中花火は水中花火船から花火玉を直接海に投げ込むことで扇形に開きます。

3隻の船から花火球を投げ込み、かなり難易度の高い花火のようです。

海にキラキラの大きな花が咲いたような美しさを感じることが出来るかと思います。

海に花火が反射して移っているのも綺麗ですね~

これは近くで観れた方の特権ですね!

水中花火以外にも10,000発の花火が上がり、夏の夜空を鮮やかに彩ります。

仕掛け花火やスターマイン、その他にも変わった形の花火が見れると思います。

 

三国花火大会の最大の花火は、20号玉で上がる高さは500m、開く直径も同じく約500mほど。
凄まじい大きさですね!!

今にも落ちてきそうなほど大きな花火を観ることが出来ます。

最後には大迫力の花火と音楽が最高のクライマックスを彩ってくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

最後に

三国花火大会は昭和43年、現在のゆあぽ~と付近に石油備蓄タンクが建設されたことにより、引火による爆発の危険性が生じ、昭和55年まで中止となりました。

昭和56年より、実行委員会形式で大会が復活し、今年で第40回目を迎えます。

凄腕の花火師総勢30名が命がけで従事されています。

花火を観る際、花火師の方々に感謝しながら観れると、よりいい夏の思い出になるのではないでしょうか!

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。