くきのうみ花火の祭典2022の日程はいつ?屋台や穴場観覧スポットを紹介!

スポンサーリンク

 

皆さんは今年の夏の楽しい予定は、もうお決まりでしょうか?

夏にはたくさんの楽しいイベントがありますよね。

普段はなかなか行けないキャンプや旅行、山や川でのアウトドア、海での海水浴を始めとして、イベントが盛りだくさんです。

でも、大切なイベントを忘れてはいませんか?そう、夏には絶対に欠かせない花火大会です。

今回の記事では、くきのうみ花火の祭典2022について、いつ開催されるの?屋台はどのくらい出店するの?穴場観覧スポットはあるの?など、お出かけ前に皆さんが気になるポイントについて調べてみました。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

赤ずきんちゃん
旅行して花火大会を楽しみませんか?
ここにタイトル

楽天トラベルならクーポン利用でお得に旅行
楽天トラベル

Yahooトラベルならお得なクーポンも
Yahoo!トラベル

【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!
じゃらん公式サイト

【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ!
JTB公式サイト

《失敗しない!》お得なホテル予約 【るるぶトラベル】
るるぶ公式サイト

めがねおじさん
今ならお得な宿も満載

 

スポンサーリンク

 

くきのうみ花火の祭典2022の日程はいつ?

くきのうみ花火の祭典はいつ開催されるのでしょうか?

まずは日程がわからないと、スケジュールもたてられませんよね。

公式ホームページを見てみたところ、今年2022年の日程はもう発表されていました。

ずばり、今年2022年のくきのうみ花火の祭典は、7月30日(土)の20時開始です。

お出かけ予定の方は、今からスケジュールを調整しておきましょう。

 

くきのうみ花火の祭典2022のアクセス方法は?

くきのうみ花火の祭典へのアクセス方法も事前に調べておきたいところですよね。

まず、開催場所は洞海湾・若戸大橋周辺になります。

アクセス方法としては、若松側の場合は若松駅から徒歩3分、戸畑側はJR戸畑駅から徒歩5分です。

どちらの会場も駅から近いのが嬉しいですね。

とは言え、真夏の暑い時期なのでお出かけの際には熱中症にご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

くきのうみ花火の祭典花火大会2022の屋台情報

花火大会の一番のお楽しみと言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?

もちろん花火観賞が一番!という方が多いでしょうけど、屋台グルメの食べ歩きだって外せないお楽しみですよね。

でもこういう情報って実際にお出かけした方でないとわかりませんよね……。

なので、今回はツイッターから気になる口コミをピックアップしてみましたので、どうぞご覧ください。

雨の中の花火、大変だったでしょうけどきれいだったみたいですね。

でもこうなると屋台グルメは期待できないですね……。

とってもきれいな花火ですね。

1枚目の写真をよく見ると小さくですが、いかやきとりんご飴の屋台が移っています。

定番の屋台が出ていそうですね。

 

ツイッターをよく見てみたんですけど、あまり屋台に関してのツイートはありませんでした。

もしかしたら、くきのうみ花火の祭典はあまり屋台は出ていない可能性もあります。

うーん、ちょっと残念ですね……。

 

くきのうみ花火の祭典花火大会2022の穴場観覧スポットを紹介!

混雑が予想される、くきのうみ花火の祭典ですが穴場観覧スポットはあるのでしょうか?

・高塔山

ここからは若戸大橋を一望することができます。

花火をきれいに見ることができるのは、もちろん夜景もきれいに見ることができて、お得な穴場観覧スポットとなっています。

花火と夜景が両方楽しめるなんて、素敵ですよね。

デートにもおすすめですよ。

 

・イオン戸畑店

JR戸畑駅から近いショッピングセンターです。

その屋上は花火観賞にぴったりです。

飲み物や食べ物の調達には困りませんし、きれいなトイレもあるので、女性や小さなお子さん連れでも安心ですよね。

また映画館もあるので、花火が始まるまで映画を楽しむのもいいかもしれません。

広い駐車場があるのも嬉しいポイントのひとつです。

 

・牧山展望公園

花火の打ち上げ場所からは離れますが、その分人が少ない穴場観覧スポットです。

展望台からは夜景と花火を楽しむことができます。

静かにゆっくりと花火を楽しみたい方にはおすすめです。

なお、近隣は住宅街なので騒がないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

くきのうみ花火の祭典花火大会2022の見どころについて

北九州市を代表する花火大会である、くきのうみ花火の祭典ですが見どころはどんなところなのでしょうか?

まず、なんと洞海湾を行きかう船を止めてまで、湾の真ん中に花火を打ち上げるための船を用意し、そこから打ち上げられる大玉10号花火です。

そして、会場内に流れる音楽に合わせて連射される花火も見逃せません。

ジャズで町興しをしている若松らしい、ジャズ音楽に合わせた打ち上げ花火もあります。

光と音の共演は素晴らしいものかと思います。

若戸大橋にかかるナイアガラ花火も見どころのひとつです。

長さ260mにも及ぶナイアガラ花火は、まるで光のカーテンのよう。

一瞬たりとも目が離せませんね。

今年はどんな素敵な花火を見ることが出来るのか、今から楽しみですね。

 

まとめ

今回はくきのうみ花火の祭典について、いろいろな情報をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

大迫力の花火大会、お出かけしようかどうか迷っている方もぜひお出かけされることをおすすめします。

素敵な夏の思い出ができること、間違いなしかと思います。

皆さんに素敵な夏の思い出ができることを祈っています。

それでは今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。