石川昂弥の経歴や出身中学や父親は?ドラフト候補の二刀流がすごい!

皆さんは、石川昂弥さんていう高校球児をご存知ですか?

もうすぐ夏の高校野球ということでいろいろ調べていたら、今年のセンバツで30年ぶりに東邦高校を優勝に導いた選手でした。

ドラフト候補の石川昂弥選手の経歴や出身中学や高校生離れした魅力など詳しく調べてみましたので最後までゆっくりとご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

石川昂弥選手のプロフィール情報

まずは、この記事を読んでくださっているみなさんに、石川昂弥選手のことを詳しく知っていただきたいので私がwiki風にプロフィールをまとめてみました!

これを見るだけでも、あなたはに石川昂弥選手ついて語れるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね!

名前:石川昂弥(いしかわ たかや)

年齢:18歳

生年月日:2001年4月23日

出身地:愛知県半田市

高校:東邦高校

ポジション:投手、三塁手

身長:185センチ

体重:87キロ

東邦高校出身のプロ野球選手といえば中日の選手が多いそうです。

現役選手では藤嶋健人選手や丸山泰資選手、中日のOBには朝倉健太さんや通算222試合に登板した山田喜久夫さんがいますよ。

石川昂弥選手は投手と打撃の二刀流だということですが、プロ野球に入団後はどういうスタイルでいくのかが楽しみですね。

石川昂弥選手の経歴がすごい!

石川昂弥選手は小学校6年生の時に中日Jr.チームでプレーし、中学校時代には愛知知多ボーイズに所属しショートを担当し、NOMOジャパンに選ばれてアメリカ遠征にも参加しています。

東邦高校野球部では1年生からベンチ入りしてます。

2年夏の予選で打率737本1点12盗5の記録を残しますが、残念ながら名電に4-9で敗れてしまいましたが秋から主将となり、3番でエースと守備ではサードを守ることになりました。

石川昂弥選手の投打の活躍もあって3年ぶりの秋の東海大会での勝利をおさめます。

さらに、石川昂弥選手は2年生の秋までに自己最速更新の144kmを計測しています。

そして、3年生の春には選抜に出場し、3番で投手として活躍、30年ぶりに東邦高校を優勝に導きました。

石川昂弥選手は直球とスライダー・スプリットとのコンビネーションが持ち味で内外角にコントロールでき、野手としてもの評価が高いので、二当流でプロでの活躍が期待できますね。

スポンサーリンク

石川昂弥選手の出身中学は?

石川昂弥選手の出身中学は愛知県半田市にある半田市立亀崎中学校だそうです。

中学時代は愛知知多ボーイズに所属し、サードとして活躍しています。

高校進学の時は大阪桐蔭の西谷監督も狙っていた逸材だそうですよ!

石川昂弥選手の父親は東邦OB?

石川昂弥選手のお父さんについてですが、実は東邦高校のOBで平成元年に東邦高校が優勝した時のメンバーだったそうです。

お父さんは息子が優勝する瞬間をアルプススタンドでたくさんの声援を送っていたんでしょうね!

石川昂弥選手が東邦高校を選んだのは父親の出身高校だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

プロでも二刀流で活躍するのか?

二刀流といえばエンゼルスの大谷翔平選手ですが石川昂弥選手もその実力を持っています。

石川昂弥選手は2年の秋までの144kmのスピードを出していて投手としてもすごいですが、打者としての評価の方がもっと高いと言われています。

こちらは2019年センバツ決勝で習志野からホームランを打った画像です。

出典 YouTube

石川昂弥選手は今年の夏は投手ではなく三塁で出場するようです。

石川昂弥選手自身は野手の意識が高く、プロのスカウトも三塁手として評価しているそうですね。

石川昂弥選手はプロでは二刀流で活躍するのでしょうか?

2019年センバツ高校野球では投げて打って、30年ぶりに優勝へと導いた石川昂弥選手には野手として評価が高いそうです。

投手としてもすばらしい才能があるので、ぜひ二刀流がみたいと思うのですがプロの評価はどうなのでしょうか。

石川昂弥選手がどこの球団に入るのか楽しみですが、やはり地元の中日が有力なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

簡単にですがこの記事をまとめさせていただきます。

・石川昂弥選手のプロフィール情報!

・石川昂弥選手の経歴

・石川昂弥選手はプロでも二刀流で活躍するのか?

などなど、石川昂弥選手のことを私なりにまとめさせていただきました。

いろいろ調べているうちに石川昂弥選手のことめっちゃ応援したくなってきました!

今年の夏の高校野球をあなたも楽しんで応援してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。