ビアフェス名古屋2019の楽しみ方は?日程や場所とチケット情報やアクセスを紹介!

スポンサーリンク

ビアフェス名古屋2019が今年も開催されます!

 

入場料だけで100種類以上のクラフトビールや海外のビールが試飲できるイベントなんですよ。

 

普段飲めないビールが飲めるなんて、こんなチャンスはめったにない!

 

専門家によるセミナーも開かれるので、ぜひこの機会にビールのことをたくさん知ってみてはいかがでしょうか。

 

では、おススメのクラフトビールや日程や場所などをご紹介していきますので、最後までごらんください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビアフェスとは?

正式名称はジャパン・ビアフェスティバルで略してビアフェスという名前で開催当初から親しまれています。

 

ビアフェスの開催は1998年の東京開催が始まりで、2003年は大阪、2006年には横浜、2011年から名古屋会場で毎年開催されていて、2014年には沖縄会場でも行われるようになり、日本最大のイベントとして認知されています。

 

最近ではクラフトビールも気軽に飲めるようになってきたようですが、ビアフェスに参加することで、色々なビールを知ることができるので貴重な体験になると思いますよ。

 

ビアフェス名古屋2019の日程や場所は?

開催日

2019年8月10日(土)・11日(日)

8月10日(土) 15:00~19:00 

8月11日(日) 12:30~16:30 

 

※入場は終了時間の1時間前ですのでご注意ください。

ラストコールは各回終了の15分前ですよ。

 

開催場所

名古屋国際会議場「白鳥ホール」

 

スポンサーリンク

 

ビアフェス名古屋2019のアクセスは?

地下鉄名城線「西高蔵」駅より徒歩11分

 

地下鉄名港線「日比野」駅より徒歩7分

 

ビアフェス開催ではアルコールが提供されますので、駐車場は用意されていませんのでご注意くださいね。

 

ビアフェス名古屋2019の料金やチケット購入方法

●入場券

※ベストアロマグラス一脚とフードチケット400円分付き

当日券 4800円

前売り券 4400円

 

前売り券はイープラスで購入できます。

2019.6.6(木)10:00~2019.6.30(日)18:00まで!

チケット購入はこちらから

 

スポンサーリンク

ビアフェス名古屋2019の楽しみ方は!

 

ビアフェスでは入場料を払うと100種類以上のお好きなクラフトビールや海外のビールが何杯でも飲めることができます

 

ビアフェス特徴の「ベストアロマグラス」が入場時に渡されますので、ビールの香りを楽しむことができますよ。

 

 

ビールのリストが配られるようですよ。

いろいろ試飲してみてくださいね!

 

 

入場券にはベストアロマグラス一脚とフードチケット400円分がもらえるので、おつまみも楽しんでくださいね。

昨年の情報ですが、来場者の投票で愛知県知事賞・名古屋市長賞が決定しました。

こちらは知事賞と市長賞のダブル受賞で 霧島酒造株のKIRISHIMA BEER「日向夏」が受賞!

さて、ビアフェス名古屋2019はどのビールが受賞するのか楽しみですね!

 

ビアフェス名古屋2019の出展ビールは?

ビアフェス名古屋2019の出展ビールはまだ発表されるていませんので、発表があり次第、発信していきたいと思います。

 

ちなみにビアフェス東京が6月1日に開催されましたので、出展リストをこちらに掲載しておきますのでご参考に!

インターナショナル・ビアカップ2018とジャパン・グレートビア・アワーズ2019の入賞ビールが多数、出展されていましたよ。

名古屋会場でも同じビールが出てくるのでしょうか!

 

●那須高原ビール スコティッシュエール

●こぶし花ビール ベルギーホワイト

●箱根ビール 箱根ピルス

●諏訪浪漫麦酒 諏訪浪漫麦酒 しらかば

 

ビアフェス東京出展リストはこちら

 

スポンサーリンク

まとめ

ビアフェス名古屋2019についてご紹介しましたがいかがでしたか。

 

この記事についてまとめさせていただきます。

 

●ビアフェス名古屋2019の日程や場所

●ビアフェス名古屋2019のアクセス

●ビアフェス名古屋2019の料金や購入方法

●ビアフェス名古屋2019の出展ビールは?

 

普段飲めないビールがこんなにたくさん楽しめるなんて、開催日が楽しみですね。

 

今年はビアフェス名古屋2019に足を運んでみませんか?

 

飲み過ぎないようにご注意を!

 

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク