山口達也の現在は?気になる元メンバーとの関係や復帰はあるのか?

2018年に女子高生へ強制わいせつによって世の中を激震させ、ジャニーズ事務所だけでなく芸能界を去ることになった元TOKIOの山口達也さん。

兄貴肌で人柄の良さにも定評があったので、この報道に驚いた人も多いのではないでしょうか。

そんな山口達也さん、現在はどんな生活を送っているのでしょうか。また気になる元メンバーとの関係についても、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

山口達也さんが入院しているのは久里浜医療センター?


山口達也さんは、現在「久里浜医療センター」にてアルコール依存症の治療をしているのではと言われています。

実際に目撃情報も多々出ていること、夜中に大声を出しながらベッドの上で涙を流しているなんて噂もあります。

アルコール依存症の治療については導入期→解読期→リハビリ期→リハビリ後期の4段階によって進められていきます。

治療自体は半年から長くても一年程度、個人差があるので一概にはいえません。

週刊ポストの記事によると2019年5月上旬に20℃超えの気温の高い日に駅から自宅までウォーキングをする姿が目撃されています。

もともと長髪気味のおしゃれな髪型だった山口達也さんですが、坊主にサングラスと間近で見ても本人と気付かないような風貌に。

また少し頭髪部が剥げていることも話題になりましたが、過去の映像を見てみると現役時代も少し薄めだったので髪が短くなりより目立つようになったのかなという印象です。

久里浜医療センターってどんなところ?

久里浜医療センターですが、神奈川県横須賀市に存在しています。

全室個室であること病院内にトレーニングルームやシアタールームなどもある高級病院としても有名です。

国立の病院としては初めて“アルコール症専門病棟”を設置しました。

そのなかでもVIPルームに入院しているといいます。

過去には元モーニング娘の吉澤ひとみさんが入院していたことでも知られています。他にも数々の著名人が入院するなど有名な場所です。

入院費用は1日15,000円前後だと言われていて保険こそ適用されるものの、自己負担額も多く20万~30万円の費用が毎月かかる計算になります。

芸能界を引退したとはいえこれだけのお金はどこから出ているのでしょうか。

山口達也さん自身が支払っていると考えると生活的には厳しいのではないかと思ってしまいます。

実際に現役時代は家賃100万円のマンションに住んでいたとものの、現在は家賃7万円のマンションに住んでいると言われています。

山口達也さんが受診しているのが「心療内科」でアルコール症だけでなく、精神的な疾患も出てきてしまっていると言われています。

スポンサーリンク

山口達也さんハワイ移住説もあるって本当?


山口達也さんの現在について調べてみると、ハワイに移住しているなんて声も聞きます。

ただしこの噂についてはほぼありえないのではないかと予測できます。

山口達也さんは2016年8月に約8年間寄り添った元妻との離婚を発表しています。

当時このニュースにも驚いたものですが、実は会見が行われる前の4月から別居状態だったといいます。

そのため山口さん自体は家族が住んでいる家からほど近い場所に住居を構えていたそうです。

その後離婚が成立したため家からも元妻は離れています。

不動産関係者によると築浅物件だったこともあって、現在5億円以上の金額で買取してくれる先を探しているといいます。

本題に戻りますが、離婚をしたあとに2人の息子を連れて自らの会社を作りハワイに移住したと言われています。

もともと友人の間で好評だった無添加の手作り味噌を商品化したこと、当面はハワイから日本に戻る予定はないとしています。

もし山口さんはハワイに行って生活したいと思っても、もともとジャニーズ事務所に所属していたこともあり名前も顔も知られてしまっています。

前歴がある人に対して入国審査が拒否されてしまうことも考えられますし、アメリカは日本以上に未成年のわいせつ事件に対して厳しい国なのでハワイに渡れることがあったとしても生活していくのは難しいと考えられるのです。

元妻も、事件前はインスタグラムなどで子どもの写真をあげることはありませんでしたが、今では男の子2人の写真を頻繁にあげるようになったと言われています。

山口さん自身は子どもへの影響を考えて会わないようにしているものの、治療を頑張っている山口さんに対してエールなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

山口達也さんが心療内科にも通っているわけ

山口さんはアルコール症で入院していると思いきや心療内科医にも通っていると言われています。

「躁鬱症」の疑いがあり精神的にも不安定な状態が続いてしまっているそうです。

この躁鬱症とは正式な名前を「双極性障害」といいます。

気持ちがハイになるとまるで薬物をやっているかのような元気な状態になり、うつ状態になると気持ちの落ち込みが激しくなり気持ちの落ち込みが激しくなり、日常生活に支障が出てしまいます。

脳の病気なのですぐに治せるものではありません。

世界でも100人に1人がかかるとされていて、日本では500人に1人がこの病気を抱え辛い生活を送っていると言われています。

現役時代はどちらかというと頼れるような存在だったので、涙を見ることもありませんでしたし気持ちが不安定になっている姿も想像できません。

そんな山口達也さんが通っている心療内科ですが、埼玉県越谷市にある心療内科病院「楽山」ではないかと言われています。

病院とは思えないほど高級感のある造りの病院で、過去には高畑裕太さんが入院していました。

もともとジャニーズ事務所に所属していたときから心理的な部分で悩んでいたと考えられます。

現在の山口達也さんを支えてくれる人はいるの?


入退院を繰り返しながら修行僧のような生活をしている山口さんですが、やっぱり気になるのはそんな彼を支えてくれる存在は居るのか?ということでしょう。

現在自宅から徒歩15分程度の場所に実のお兄さんが住んでいるそうです。

そのため、治療の報告を兼ねて足を運んでいるといいます。

近くに家族が住んでいるのは非常に心強いですよね。

また、久里浜医療センターへは、TOKIOの城島茂さんが何度も足を運び面会に訪れているといいます。

他の患者さんとは離れた生活をしているのですが、城島茂さんの目撃情報も頻繁にあるとしています。

TOKIOを辞めてしまったとしても山口さんを支え続ける城島さんはとても人情味の溢れる人物だといえるでしょう。

また、TOKIOの他のメンバーも山口さんを常に気にかけているといいます。

TOKIOが解散しないのは山口さんのためと話しています。

実際山口さんが脱退した後に音楽活動自体は休止していますが解散の選択をしないのは、その原因を山口さんの責任という形にしたくないという思いから。

その後の番組でも山口さんの存在を匂わせるような発言を何度もしています。

特に松岡さんは今でも自分以外の人を“この3人が”と表現するなど、今でも山口さんを大切に思っているのがわかります。

スポンサーリンク

まとめ

元TOKIOの山口達也さんの現在について調べてみましたが、正直芸能界にすぐに復帰できるとはいえるような状態ではないと考えられます。

アルコール症だけでなく精神的な面を考えるとしっかりと治療して前に進めるように頑張って欲しいと思います。

また少しでも元気な姿を見せてくれたら嬉しいですね。

TOKIOのメンバーも山口さんのことを今でも大切に思っていることが伝わってきますし、いち早く改善できるのを願っています。