高梨智樹の経歴や年収や高校は?ドローンパイロットに資格はある?

こんにちは!

高梨智樹さんという方をご存知ですか。

6月2日放送の「情熱大陸」に出演されるそうです!

番組表を見て、すごく気になってしまったのでいろいろと調べてみました。

この記事では高梨智樹さんの経歴や年収などをご紹介していきたいと思います。

ドローンパイロットの仕事についても調べてみましたので、最後までゆっくりご覧くださいね!

スポンサーリンク

高梨智樹さんが情熱大陸に出演!


情熱大陸はいろんな分野で活躍されている人を密着取材し、紹介していくドキュメンタリー番組です。

アイドルや俳優さんも数多く取り上げられていますが、主に一般の情熱人が多く紹介されています。

今回の情熱大陸ではハタチのドローンパイロットの髙梨智樹さんに密着します。

高梨智樹さんの経歴は?

番組内では高梨智樹さん、20歳のドローンパイロットに密着しています。

国内外の数々のドローンレースで活躍する若きドローンパイロット、一般的にドローンを飛ばすことができない場所でも国土交通省から特別な許可を取得し、災害時などでは行政から依頼され映像撮影を行うこともあるといいます。

国内ではドローンパイロットで生計を立てている人は数少ないそうですね。

現在、父親と共にドローン会社を立ち上げ、行政やテレビ局の依頼に対応、「ドローンが無かったらまだ引きこもっていたかな」とほほ笑む、驚きの才能をもつ高梨智樹さんに1年間密着しています。

プロフィール情報

●1998年神奈川県生まれ。

●18歳の時に父親とドローン専門会社「スカイジョブ」を設立

●趣味は「無線」と「踏切を見に行くこと」

●2016年国内大会で優勝し世界大会

「World Drone Prix 2016 Dubai」に出場

●2018年には韓国での世界大会

「DRONE SPORTS CHAMPIONSHIP 2018」にも出場

幼少期は体が弱かっったため、外に出て遊ぶことができないことを気にかけた父親は、小学生の高梨さんにラジコンヘリコプターを始めることを勧めます。

中学校の時に見たドローン映像に衝撃をうけたことでドローンに興味をもつきっかけに!

当時はドローンの販売品がなく、インターネットでパーツを1つずつ取り寄せて組み上げていったそうです。

警察への講演会や新型ドローン開発のテストパイロットなど災害時の情報収集活動などなど!様々なシーンで活躍されています。

スポンサーリンク

高梨智樹さんの高校は?

高梨智樹さんの高校を調査してみましたが、どこの高校かを見つけることができませんでした。

出身地は神奈川県ですので神奈川県内の高校を卒業したのかもしれないです。

何か新しい情報が入りましたら追記させていただきたいと思います。

高梨智樹さんの年収は?

ドローンパイロットの年収を調べてみました。

年収は300万~530万円ぐらいではないかと推察します。

サラリーマンの年収とあまり変わらないか少ないぐらいですよね。

ただ、ベテランのパイロットとなると1回の撮影が50万ぐらいになることもあるようですよ。

高梨智樹さんは会社も設立されていますし、スポンサー契約もされていたことがあるそうですので、憶測ですが年収は1000万ぐらいではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドローンパイロットの資格はある?

ドローンパイロットになるにはなにか資格はあるのでしょうか。

ドローンパイロットになるには資格などは必要なく免許もありません。

だれでも、ドローンを操縦することができるというのですが本当でしょうか。

では、どうやってドローンパイロットになれるのでしょうか。

●自分で初心者向けの200g未満のドローンを購入し、独自に練習を重ねる。

●ドローンスクールに通う。(費用は35万ぐらい)

●ワークショップで教わる

資格や免許などは不要ですが、一つだけ注意することがあります。

重量200g以上ドローンに関しては、航空法にひっかかります。

人口が多い都市部などでは規制があり、飛行させると違法になるようで、飛行をさせるには国土交通省に飛行申請を出して審査の上、承認を得る必要があります。

国土交通省の承認を得るには必要なスキルがあるようです。

もしドローンパイロットになりたい方はスクールなどへ通うことが近道かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

簡単に今回の記事をまとめさせていただきます。

●高梨智樹さんの経歴や高校について

●高梨智樹さんの年収について

●ドローンパイロットに資格はある?

ということで、高梨智樹さんについて私なりにご紹介させていただきました。

高梨智樹さんの夢はヘリコプターのパイロット、夢がかなうといいですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。