台風9号2019米軍とヨーロッパの進路予想は?日本上陸はいつ?

こんにちは!

2019年も8月にはいり日本も本格的な夏を迎えていますね。

8月から9月といえばといえば怖いのは台風の日本上陸ではないでしょうか?

8月2日には台風8号が発生した直後の8月4日にフィリピンの東で熱帯低気圧が

台風9号(レキマー)になりました。

今回の台風ですが今後の進路によっては日本に上陸するかもしれませんね。

今後の進路予想や上陸予想など調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

台風9号(レキマー)2019の進路予想

台風9号の2019年8月5日18時実況

名称:レキマー

大きさ:大きい

現在地:フィリピンの東

進行方向:西北西

速さ:ゆっくり

中心気圧:990hPa

中心付近の最大風速:20m/s

最大瞬間風速:30m/s

発生した場所がフィリピンの東と日本の南東に位置している

台風9号ですが990hPaと勢力をあげています。

日本に最接近する時にどれだけ大きくなっているか

気になるところですね。

気象庁の進路予想

気象庁の進路予想では今のところ8月11日ごろに九州地方に

接近する進路予想ですが先に発生した台風8号などの影響も

あると思いますので今後の進路には注意ですね。

出典 気象庁ホームページ

米軍の進路予想

米軍の台風9号(レキマー)の進路図です。

米軍の台風9号(レキマー)の進路図を見てもやはり気象庁同様に

日本への上陸は今のところなさそうですね。

出典 JTWC

ヨーロッパの進路予想

今のところ各国の進路予想を見る限りは日本への上陸はなさそうですが

今後の進路によっては上陸もあるかもしれません。

上陸するとなるとお盆シーズンあたりで帰省などに影響するかもしれませんね。

台風9号(レキマー)の名前の由来は?

毎年発生する台風には名前がついていますよね。

今回台風9号にはレキマーという名前がついています。

今回はベトナムがつけた名前で果実の名前です。

日本を含む14か国が加盟する台風委員会があらかじめ140個

台風の名前を用意していて発生した順番につけられます。

つまり最後まで行くとまた最初の名前に戻るということですね。

しかしあまりにも被害が大きい台風の名前は場合によっては

使われなくなることもあるようです。

スポンサーリンク

日本への上陸はいつ?

さて今回の台風9号の今後の進路予想でネットで

様々な意見が飛び交っています。

日本への上陸の可能性は今後の進路によって変わってきそうですね。

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに台風9号の今後の進路についてまとめさせていただきました。

台風8号、9号と立て続けに発生しています。

今後の進路には皆様十分気を付けてくださいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク