GOTOキャンペーン(トラベル)還付申請方法は?必要書類や申し込み期間はいつまで?

スポンサーリンク

こんにちは

 

みなさんいよいよ2020年7月22日よりGOTOキャンペーン(旅行事業)はが始まりますね。

これは社会的問題の感染拡大の影響で冷え切った観光業の支援をするために行われる国の政策となるだけに注目が高いですよね。

旅行業者で対象商品の販売は7月27日から順次とのことですがその前に旅行を申し込んだ方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では還付を受けるために旅行者が自ら申請する方法や期間などご紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

Gotoキャンペーン(トラベル)還付の申請方法は?

政府では7月22日より見切り発信ともいえるGOTOキャンペーンの旅行事業を開始しています。

今回のキャンペーンですが当初は8月からの開始予定でしたが観光業からの強い要望により7月の4連休前からのスタートとなっています。

今回のキャンペーンですが7月27日より旅行業者など準備ができたところから順次対象商品を売り出しますが7月26日までの旅行の予約に関しては自分で申請することになります。

申請方法ですが旅行予約サイトで予約し決済までした人と、現地で支払いを選んだ旅行者によって異なります。

必要書類ですがGOTOキャンペーン事務局からダウンロードして郵送またはオンラインでの申し込みとなります。

必要書類

・申請書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)
・領収書(原本)
・宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
・個人情報同意書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

※但し、詳細は調整中であり、事務局から新情報が入り次第更新いたします。

 

Gotoキャンペーン(トラベル)還付の申請期間はいつまで?

今回還付の申請が必要となるのは7月26日までに旅行を予約した人が対象となります。

気になる申請期間ですがすごく気になってグーグル検索やツイッターなどあらゆる手段をを駆使し探してみたのですが今のところ詳しい情報は分かってはいません。

普通7月22日から開始されるとなるとそれまでには正式に発表されるものなのですが・・・

恐らくですが旅行の最終日から3か月以内の申請の受付になるのではないでしょうか。

政府での今までの対応を見ていると10万円の給付金などはスタートして受付が3か月で終了なんてこともありましたし地方で支援された協力金なんかも3ケ月を目途に申請が終了しています。

ということで今回も旅行最終日から3か月以内の対応の可能性が高そうです。

もし申請するのが嫌な方は7月27日以降に準備が整った旅行会社・ホテルが販売をする割引反映後のプランを購入してみてくださいね。

※参考|7月13日時点で、先行予約を受付している事業者

【JTB】【H.I.S】【ヤフートラベル】【近畿日本ツーリスト】

などがあります。

 

追記:還付の申請期間は8月14日から9月14日までで申請書類は準備が整い次第、Go To トラベル事業の公式サイトからダウンロードできるようになる予定です。

 

スポンサーリンク

GOTOキャンペーン(トラベル)9月以降の予約はどうなる?

現在申請しなければならないのは8月31日までの旅行分となっているようです。

とは言え9月にシルバーウィークもありますしすでに年末年始の予約をした人もいるのではないでしょうか。

ということは申請方法は8月31日分と同じになるかということですよね。

こちらもすぐく調べてみたのですがやはり申請方法などの情報はありませんでした。

対象になるかの情報もないんですよね。

多分ですがこのキャンペーン2021年春ごろまで開催されそうなので同じく申請すれば還付される可能性は高そうですよね。

こちらも正式にアナウンスが入り次第更新いたします。

 

GOTOキャンペーン還付の参画事業者は?

今回還付が適用されるのは参加事業者の旅行となっています。

GoToキャンペーンの参画事業者は7月下旬~8月下旬に観光庁のWebサイトなどで公表される予定です。

もしかすると楽天トラベルなどは参加しないかもしれませんね。

ただし安心してくださいGOTOキャンペーンを使わなくても現在かなりお値打ちなプランが満載ですよ~

ぜひ旅を考えてみてはいかがでしょうか。

 

楽天トラベルで旅を予約する

 

ヤフートラベルではGOTOトラベㇽの予約が始まりました。

今すぐヤフートラベルでGoToキャンペーンのクーポンを取得する。

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりにGOTOキャンペーンの旅行事業についてご紹介させていたただきました。

この記事を読んでくれた皆さんもぜひ快適な旅を楽しんでください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク