店内どこでもスマホ決済?ローソンがついに!

並ばなくてもスートフォン決済できるサービスがいよいよ登場する。

コンビニでのレジが行列しているときはイライラしますよね。

いったいどういったサービスなのかくわしく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スマートフォン決済?

レジに並ばず商品を購入することができるサービス、実はスマートフォンのバーコードを読みるだけで決済完了できるというサービスです。

読み取ったバーコードを店内にある専用の端末にかざすだけで完了!

現在、大手コンビニチェーンのローソンが東京都内で実験を行っています。

時間短縮で利便性UP!!

事前にスマートフォンにアプリをダウンロードして、商品のバーコードを読み込み店の中のどこでも決済することができるので、お昼時など混雑な時間帯には行列になるレジへのストレスがなくなり、大幅に時間が縮間ができる。

お客の店内の滞在時間は3分の1ぐらいになるとみているそうです。

スポンサーリンク

コンビニの人手不足事情

深夜の時間帯にはどうしても人が集まず、外国人や高齢者が働いているのをよく目にします。

あるコンビニの店舗の経営者は、朝まで夜勤に入っているそうです。

深夜に働いてくれるアルバイトを確保できず、経営者が自ら働いていて、どこのコンビニでも同じような厳しい状況の経営者が増えてきているようです。

時代は24時間営業を見直す時期に来ているということだと思います。

コンビニチェーンの方針は24時間営業は絶対ということで、一店舗の考えだけでは24時間営業をやめることは許されないため、コンビニ経営者の苦悩は続く一方です。

今回のサービス導入で少しでも負担を減らせるといいですが・・・

インターネットの反応は

大きなスーパーのセルフレジは何回使ってみたけど
なんで自分がやらないといけないのか悩んで有人レジに戻って
並ぶようになってしまった。
自分の住むところは高齢者も多いし、ショッピングセンターも
中ぐらいがせいぜい。
人と接しながら買い物するのが苦手な人も確実にいるはず。
有人無人両方のレジ併存させてやって見るのが正解では

参照 ヤフーニュース

深夜営業やめた方が早くない?
世の中の流れが2 4時間営業やめる流れだけど

参照 ヤフーニュース

レジ店員がいなくなったら、もう支払いとかもコンビニでできなくなるね。
カード払い以外ダメってこと?

参照 ヤフーニュース

コンビニに求めるのは、レジのスピード
待たされたくない
ポイントカードの説明も 温めますかも いらない
無人化なら そこに行きたい

参照 ヤフーニュース

まとめ

深夜にコンビニ行く機会があった時、年配の方が働いているのを目にしたことがあります。

若い人が深夜に働きたがらないため、どうしても高齢者や外国人の方しか雇えないということでしょうか。

個人的には24時間営業を見直してほしいと思いますが、その考えは私だけでしょうか。

このサービスの導入で深夜の営業時間は無人化する方向へとありますが、実際のところ防犯の問題など対策はどのようにしていくのか。

レジで待たされなくてもいいのは助かりますが、スマートフォンを使えない方もたくさんいらっしゃると思いますので、簡単にはいきませんね。

スポンサーリンク