札幌まつり2019の見どころは?日程やアクセスなどをご紹介!

100年以上の歴史があるお祭り、札幌まつりが今年も開催されます。

札幌まつりは毎年6月14日~16日に行われ、1000人以上の市民が神輿や山車と一緒に札幌市内を練り歩きます。

札幌まつりの見どころについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

札幌まつりとは?

初夏のおとずれを感じる季節の風物詩、札幌まつりは100年の歴史がある札幌最大のお祭りです。

16日には祭りの一番の見どころ、「神輿渡御」が行われます。

平安時代にタイムスリップしたような衣装をまとった1000人以上の行列が市内を練り歩きます。

北海道神宮では巫女の舞や弓の儀式などの奉納行事も行われ、神宮境内や中島公園内でもたくさんの屋台が立ち並び、お化け屋敷などの小屋も建てられ、祭りを盛り上げます。

札幌まつり2019の日程や場所は?

開催日 2019年6月14日(金)~16日(日)

北海道神宮 9時~21時(最終日は18時まで)

中島公園 10時~22時(屋台によって異なる)

開催場所 ●北海道神宮

●中島公園

お問合せ先 北海道神宮社務所

TEL 011-611-0261

中島公園 札幌市環境局みどりの管理課

TEL 011-211-2536

スポンサーリンク

札幌まつり2019のスケジュールは?

●宵宮祭 6月14日午後6時

●例 祭 6月15日午前10時

●渡 御 6月16日午前9時

●北海道神宮では奉納行事が6月14日、15日の両日行われます。

・当神宮巫女奉納「浦安の舞」

・札幌弓道連盟「古式大的式」

・当神宮神職奉納「蘭陵王」

・三条神楽「悪魔祓」

・子供達による「福井ばやし」

・夕景に響く太鼓奉納

札幌まつり2019の見どころは?

神輿渡御

札幌まつりの見どころは、なんといっても1000人を超える市民が平安時代の絵巻物に出てくるような色とりどりの衣装で市内を練り歩く姿ですね。

北海道神宮の神様をのせた4基の神輿を中心に8基の山車と一緒に市内を練り歩きます。

見世物小屋

お化け屋敷やオートサーカスなどの小屋が建ちますよ。

見世物小屋があるお祭りなんて、めずらしいですよね。

中島公園の屋台

中島公園ではすごい数の屋台が立ち並びます。

家族連れやお友達同士、カップルにもおすすめです。

スポンサーリンク

札幌まつり2019のアクセスは?

●北海道神宮
地下鉄東西線円山公園駅より徒歩で約15分

●中島公園
地下鉄南北線中島公園駅よりすぐ

スポンサーリンク

周辺のおすすめのスポットは?

札幌まつりの帰りに札幌の景色を楽しんでみるのもいいですね。

●さっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔は地上90.38m、展望台へは3階よりエレベーターで約60秒。

四季折々の花が咲く大通公園や札幌市内のイルミネーションが見渡せます。

料金:大人720円、高校生600円、中学生400円、小学生300円、幼児100円

営業時間:9:00~22:00

●JRタワー展望室タワー・スリーエイト

JRタワーの38階展望台は地上から160mから見る景色と360度の見渡せるフロアです。

札幌駅内にありますのでアクセスが便利ですよ。

コーヒーなどのドリンクメニューもありますのでゆったりとすごせます。

料金:大人720円、中高生500円、小学生・幼児300円、3歳以下は無料

営業時間:10:00~23:00(最終入場22:30)

 

スポンサーリンク

まとめ

札幌まつり2019についてご紹介しましたがいかがでしたか。

北海道では初夏をいってもまだ肌寒いので、羽織るものを用意しておくといいかもしれません。

浴衣で行かれる方も多くいらっしゃると思います。

気温が上がってまつり日和だといいですね。