花粉症の季節本番!!持ち込み花粉とは?解消方法をご紹介!!

花粉症の季節になると外出する度に鼻がむずむずと止まらなくなり、目のかゆみなど花粉症特有の症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

認めたくはないけど花粉のシーズンが到来!ともなるとお出かけするのも嫌になりますね。

でも花粉症で悩んでいる人の中には、室内でも花粉を感じているといいます。

これを「持ち込み花粉」といいます。

自分だけでなく会社の人にも迷惑をかけているかも?持ち込み花粉の詳細と解消方法について說明していきます。

スポンサーリンク

花粉症の基礎知識

花粉症は花粉が鼻の粘膜や呼吸を通して体内に侵入すると、それと戦う為に白血球が抗体を作り出します。

抗原と抗体が結びつくと“抗原抗体結合物”となり、体の中にあるマスト細胞を刺激してヒスタミンを分泌させてしまいアレルギー症状を起こす原因となります。

あくまでも花粉は原因ではなく誘因でしかないので、同じ量の花粉を浴びている人であっても症状が出る人もいれば出ない人もいるのです。

持ち込み花粉とは?

持ち込み花粉とは「室内に外から持ち込まれる花粉」のことをいいます。

持ち込み花粉で花粉を感じる人の割合は8割にもなり花粉症に悩まされている期間が長い人ほど、その感じ方が強くなると言われているのです。

そもそもどうして室内に花粉があるの!?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、飛散した花粉が衣類についたり髪についてしまい、そのまま室内に入ることによって、花粉をそのまま持ち込んでしまうのです。

花粉症に悩んでいる本人だけでなく、同じ室内にいる家族だったり職場の人で花粉症の人がいると持ち込み花粉でもくしゃみが止まらなくなってしまったり、涙が止まらないなどの花粉症の症状に悩まされるようになってしまうのです。

花粉症に悩んでいる人にとっては口に出してはいえないものの、できることなら周囲の人に持ち込み花粉のケアをしてほしいと思っているそうです。

また花粉症で悩んでいる本人自身もまさか自分が持ち込んだ花粉によって室内でも花粉の症状が出てしまうとは驚きですね。

スポンサーリンク

持ち込み花粉はどうしたら防げるの?衣類の対策

でも持ち込み花粉について花粉症に悩んでいない人にとっては意外と気づきにくいものです。どうしたら持ち込み花粉を減らすことができるのか?答えは「静電気」にあります。

衣類に静電気が起こりやすい状態だと花粉が付着しやすくなってしまいます。

例えば洗濯するときに柔軟剤を使うだけでも静電気を抑えることができますし、外出前の衣類に静電気防止スプレーをかけて予防することもできます。

衣類だけでなくかばんなど表だけでなく裏面にもしっかりとスプレーします。

スギ花粉などを顕微鏡で見てみると、イボイボの形をしていて、衣類の繊維に引っかかりやすくなっています。

また衣類の素材の組み合わせによっても静電気が起こりやすくなるかどうかも決まります。

特に「ウールセーター」や「ポリエステル素材」の衣類の場合は、外出するだけでも花粉がた

くさんついていまいます。

逆に花粉が付着しにくい衣類には、「ジャンパー」「トレーナー」「チノパン」「トレンチコート」などの凹凸が少ない素材でできた衣類になります。

花粉が気になる季節は衣類の表面に凹凸のないものを選ぶと、花粉を防ぐことができます!

スポンサーリンク

花粉を防ぐ為に日常生活でできることとは?

他にも持ち込み花粉を防ぐ方法にはこんなものもあります。

ちょっとした対策によって花粉症の症状を改善することができます。

・花粉が飛散している時期は天日干しは我慢する

・部屋の中を加湿して花粉が舞い上がらないように注意する

・上着や帽子は玄関で払い落として室内に持ち込まないようにする

・床の掃除をするときはほこりが飛び散らない朝一番に掃除する

・空気の入れ替えは花粉が少ない早朝もしくは深夜にする

などに気をつけると持ち込み花粉をできるだけ防ぐことにも繋がります。

花粉の季節は加湿を徹底することによって、風邪を防ぐことにも繋がります。

花粉の季節は電気機器もこまめに掃除をしてあげることによって、室内の静電気を減らし花粉の付着を減らしてくれます。

また、就寝時に花粉症の症状が強くなると感じている人もいるのではないでしょうか。

これは睡眠し空気の動きが少なくなることで、空気中に含まれていた花粉が鼻の上に降りてきてしまうせいだと言われています。

寝る前に寝室を加湿しておき、花粉をできるだけ下に落としておくと、花粉症による寝るときの不快感を改善することができます。

スポンサーリンク

まとめ

花粉症の季節になると本当に辛いですよね。

鼻や目だけでなく肌荒れなどさまざまな不快感が出てきてしまいますし、できるだけ花粉を落としておき室内では花粉の症状を軽減できるようにしたいものですね。

ちょっとした一工夫で花粉症が楽になるかもしれません。

また今、花粉症に悩んでいない人も、室内に入るときは軽く払って花粉を取り除いてあげることによって、花粉を室内に持ち込んでしまう心配が少なくなります!

ぜひ、試してみてくださいね。