Amazonプライムは値上げしても続けるべき理由

先日、Amazonプライムが年会費の値上げを発表しました。

年会費3,900円から4,900円で

1000円の値上げになります。

毎月の負担額は100円程度多くなります。

既存会員の場合は5月17日以降の更新時に適用されるようになります。

サービスの提供がスタートした2007年以来、はじめての値上げになるのですが、値上げと聞くとそこまでして続ける価値があるのか?なんて疑問に思ってしまう人もいるかもしれません。

Amazonプライムの会員でいるべきかどうか迷っている人は、この記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の便利なサービスとは?

Amazonプライムの会員になっていると使える、さまざまなサービスがあります。

まずはAmazonプライム会員のサービス内容から見直していきましょう。

次々と機能も増えていますし意外と使いこなしていないだけで、こんな機能もあったの!?と驚くものもありますよ。

1. 配送が最短

Amazonプライムを代表するサービスといえば当日配送や日時指定便ではないでしょうか。

注文する時間帯によっても変わりますが、当日もしくは翌日には届くなど、驚くほど早く荷物を届けてくれる便利なサービスです。

Amazonプライム会員でない場合、当日配送は600円、日時指定便は500円かかりますが、これが無料になると考えると日頃からAmazonを頻繁に使う人の場合、かなりお得であることがわかります。

Amazonのアカウントから過去12ヶ月間の間に、自分がどのぐらい配送を使っているのか見ると納得できると思います。

2. プライム・ビデオ

映画や映像番組が見放題になるのがプライム・ビデオです。

一部のコンテンツに限定されますが、3万本以上の作品が見られるのはかなりお得です。

動画によって4KやHDなどの視聴もできます。

見放題でないタイトルはレンタルすることで、配信されているほとんどの動画がカバーできるのでコスパが良く、オリジナル作品などの配信もしています。

また動画を視聴したユーザーの投稿を見られるので、何を観ようか迷っているときは参考になります。

対応しているデバイスの数も多いので場所を選びません。

3. プライムミュージック

100万曲以上の音楽が聴き放題になるプライムミュージックは、他の音楽配信をメインにしているサービスと比較すると物足りないのですが、8つまで端末が使用でき、余計な広告の表示がないこと、シャッフル再生や、フル尺再生、オンデマンド再生、オフライン再生、バックグラウンド再生などの一通りの機能が使えます。

昨日の多さで劣る面はないので、聞きたい音楽が一般的なものであれば十分に満足できる内容のはずです。

またジャンル別に好きな音楽をエンドレスでかけ放題にする、プライムラジオなどの機能もあり、自分好みにカスタマイズできるのは嬉しいですね。

他にも漫画や雑誌などが無制限で楽しめる「プライムリーディング」や、写真を劣化させることなく容量無制限で保存できる「プライム・フォト」、などもあります。

これらのサービス以外にもアマゾンパントリーや、先行タイムセール、ファミリー特典などのAmazonの商品がお得になるサービスもたくさんあります。

スポンサーリンク

Amazonプライムを継続する理由は?

Amazonプライムには驚くほどのサービスがありますが、毎月100円程度、年間1000円の値上げと聞くと迷ってしまう人もいるかもしれません。

ちなみに学生向けの「プライムスチューデント」年会費は1900円から2,450円に値上がりしますし法人用の「ビジネスプライム」の年会費も4,900円に値上がりとなります。

でも固定の月額でさまざまなコンテンツを使えると考えると、かなりお得であるのは間違いありません。

もしAmazonのプライムをほとんど使っていない人や、コンテンツを利用しないのであればこの機会に解約してもいいと思います。

注文して当日もしくは翌日に届くのはなかなかあることではありませんし、継続しておいて損はないと思います。

また注文している内容が2,000円以上であれば送料がかからないのを考えると、そこまで高額ではありませんよね。

トイレットペーパーやティッシュなどスーパーで購入して持って帰るとかさばってしまい大変なものや、お水などの飲料物等、重いモノを注文するのにも便利です。

仕事が忙しくなかなか買い物に行けない人や、子育て中のママにとってもAmazonプライムは便利です。

Amazonプライムを解約する場合は

もし解約する場合は、Amazonの管理画面から「Amazonプライム会員情報を管理する」を選択して「自動移行しない」を選択します。

最後に「会員資格を継続しません」をクリックするだけです。利用制限などもなく、2分程度の時間で手続きできます。

もし解約する場合はこの方法を行うようにしてくださいね。ただしプライム会員を辞めた場合は、他のコンテンツも一切利用できなくなります。

スポンサーリンク

まとめ

Amazonのプライムが値上がりするとニュースになり、会員としては継続するべきか迷いましたが、海外の配送料と比較しても格段に安くお得であること、Amazonを使う頻度が多い人にとってはかなり便利なサービスであるのを納得できるはずです。

この機会にAmazonプライムの機能をもっと便利に使いこなしてみてくださいね。