今や常識ともいえる恵方巻き!そもそもいつから始まったもの?2019年の方位は?

お正月が過ぎ節分が近づくとあちこちで「恵方巻き」を見かけます。

巻物の中にかんぴょうや卵などのシンプルなものもあれば、豪華な海鮮が入っているもの、近頃は揚げ物やローストビーフが入っている恵方巻きなど、さまざまなアレンジが施されるようになり今年はどの恵方巻きを買おうか考えるのも楽しみの1つになっています。

でも恵方巻きの文化っていつから始まったのか?

不思議に思っている人もいるかもしれません。

特に関東の人にとってはいつの間に行われるようになった、節分の習慣だと思っているかもしれません。

恵方巻きとはなんなのか?

今年の方位や食べ方、ポイントなど詳しく紹介します。

スポンサーリンク

恵方巻きとは?

恵方巻きの由来には諸説あります。

その1つが大阪の花街で節分のお祝いをするために生まれたと言われています。

当時は「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」「幸福巻」「招福巻」などと呼ばれることが多く、主に江戸時代~明治時代になりとても長い歴史を誇ります。

花街で芸子さんたちが芸遊びをしながら商売繁盛を願って食べたのが恵方巻きの始まりです。

他にも1932年に大阪鮓商組合が「節分の日に丸かぶり」この流行は古くから花柳界にもてはやされていました。

恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる」と書いたチラシを配布したことで恵方巻きが広まったとも言われています。

その当時のチラシが今でも本福寿司として残されています。

その後大阪の道頓堀にて、街頭イベントの「海苔祭り」が行われ、巻き寿司の早食い競争が行われマスコミに取り上げられたことによって、一躍有名になりました。

1983年に大阪&兵庫のファミリーマート、1989年にセブンイレブンで恵方巻きの名前を付け広島県から販売し始めました。

その後、恵方巻きはあっという間に全国に広がり節分=恵方巻きが日本各地に浸透していきました。

スポンサーリンク

恵方ってなに?

そもそも恵方とは何を意味するのか疑問に思ったことはありませんか?

歳徳神の神様がいる場所を指しています。

別名「正月様」や「年徳」などと呼ばれることもありその年の福徳を司っている神様になります。

昔から馴染みが深い神様になりその年によって恵方の方向も変わります。

恵方は基本的に四方しかありませんが、それに十干を組み合わせることによって、恵方が決まっていると言われています。

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸は中国から伝わったものになり、暦の表示などに使われています。

昔は恵方に向かって熱外ごとをすると叶うと言われており、お正月のご挨拶なども恵方に向かって行われていました。

今では節分ぐらいしか恵方を意識することがないかもしれませんが、実はとても馴染みが深いものになるのです。

ちなみに2019年は「東北東」です。今はスマホのアプリで方角を調べるもの(無料)があるので気軽に調べられます!

方位が間違えているとご利益が得られなくなってしまうので、事前に調べてから恵方巻きを楽しむようにしてくださいね。

スポンサーリンク

恵方巻きの正しい食べ方は?

恵方巻きといえば一本丸かじりすることでも知られています。

これは一本丸かじりをすることで、幸福や商売繁盛を一気にいただくといった意味があり、途中で食べるのを止めたり誰かと会話をしてしまうとそのご利益が得られなくなってしまうと言われています。

そのため1人1本をその年の恵方に向かって無言で食べるというのが、恵方巻きの正しい食べ方だと言われています。

恵方には神様がいらっしゃると言われているので、食べている間はその方向だけを見て、絶対によそ見をしてはいけません。

恵方巻きが食べ終わってから他の料理を楽しむのが、恵方巻きの正しい食べ方です。

本来の恵方巻きは七福にちなんで7つの具を入れるのが基本だと言われています。

近頃は恵方巻きの種類も増え、有名なシェフ監修の恵方巻きなどアレンジが生まれているのです。

恵方巻きの具材は基本的に何でもよく、代表的なものとしては「かんぴょう」「きゅうり」「しいたけ煮」「伊達巻」「穴子もしくはうなぎ」「桜デンプン」「高野豆腐」だと言われています。

好きな具材で作っていいので、伊達巻の代わりに卵焼きを使うこともあります。

海鮮を入れるようになったのは実は近年になってからです。

近頃はロールケーキなども販売されていて、食事としての恵方巻きだけでなくデザートの恵方巻きなど種類も豊富です。

海鮮が苦手な人は牛肉やエビフライなどを入れてもいいですね。

7つの具材にこだわらず2~3種類でも十分な恵方巻きができますよ。

スポンサーリンク

まとめ

恵方巻きの名前は知っていても意外と知らないことがたくさんありますね。

節分というと今でも豆まきが一般的で、恵方巻きの習慣がない人も多いかもしれません。

でも縁起物ですし、どんな巻物でも恵方巻きは作れます。

好きな具材を入れて家族で楽しむのもいいですね。今年もたくさんの幸せをいただけるように、神様に向かってお願いごとをしてみてくださいね。