きのこ帝国、無期限活動休止の本当の理由は?谷口滋昭さんの実家の寺を調査!

こんばんは

みなさん、きのこ帝国っていうロックバンドをご存知ですか?

悲しいことにきのこバンドですが2019年5月27日付で無期限の活動休止の発表をしちゃったんです。

理由はベースの谷口滋昭が実家の家業を継ぐということですが実家の寺や本当の活動停止理由を調べてみたいと思います。

みなさま最後までゆっくりご覧になって下さい。

スポンサーリンク

きのこ帝国 活動休止

きのこ帝国の活動休止ですがオフィシャルページで発表されています。

いつもきのこ帝国を応援していただきありがとうございます。

本日2019年5月27日をもちまして、きのこ帝国の活動休止をご報告させて頂きます。

2019年の年明けBaの谷口滋昭よりメンバーへ、脱退の意思が伝えられました。昨年30歳という人生の節目を迎え、きのこ帝国としても結成10周年イヤーを終えた際に、谷口はこれまでに感じた事のない達成感を覚え、それをきっかけに今後の人生を考えた末、家業の職に就く決断をいたしました。谷口の実家はお寺で、大学でもその職業に就くべく勉学に励んでおりました。

その話を受けバンドの継続を模索して参りましたが、谷口の固い意志とその思いを聞くにつれ、残るメンバー3人も、元々同じ大学の友人でもある谷口の新しい人生を、応援したいという気持ちが増して行きました。

今まできのこ帝国を愛してくださったファンの皆さまとの時間を止めずに、サポートメンバーを迎え入れる案もありましたが、これまで4人で歩んできた10年間の中で、谷口以外のベーシストと、きのこ帝国を続けるイメージは現状出来ませんでした。

今後谷口が、またバンド活動を行える状況になった際にはきのこ帝国に戻って来れるように、籍を残したまま活動を休止します。

これからは、残るメンバーがきのこ帝国の活動再開のイメージが湧くまで、それぞれが別の道を歩みます。佐藤千亜妃、あーちゃん、西村コン、谷口滋昭の今後を応援して頂けたら幸いです。

参照 きのこ帝国オフィシャルページ

きのこ帝国メンバー

出典 YouTube

きのこ帝国は2012年にインディーズでデビューをきっかけに2015年にメジャーデビューしたロックバンドです。

バンドの名の由来はメンバーのあーちゃんがきのこのような恰好をしていたことからつけられています。

佐藤千亜妃(ボーカル、ギター担当)

きのこ帝国の全楽曲の作詞、作曲を手掛けている。

さらに自身も「クガツハズカム」という名前でソロ活動を行っています。

あーちゃん(ギター担当)

谷口滋昭(ベース担当)

西村”コン”(ドラム担当)

スポンサーリンク

休止の理由は

きのこ帝国の活動休止の本当の理由は何だったのでしょうか?

オフィシャルページにはベース担当だった谷口滋昭さんが実家の家業を継ぐためと伝えらています。

谷口滋昭さんの実家はお寺のようで大学時代から住職の勉強をしていたとのことです。

30歳を区切りに実家に戻るようです。

その思いを一度はメンバーも受け止め引き留めたようですが谷口滋昭さんが新しいことへのチャレンジへの意欲が強くついに脱退をOKしたようです。

残されたメンバーですがやはり谷口滋昭さんのいないグループではイメージがわかないということで今回の活動休止を選んでいます。

谷口滋昭さんの実家の寺

谷口滋昭の実家の寺を調査してみましたがこちらは残念ながら分かっていません。

もし今後分かりましたら追記したいと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

活動級の発表にネットでは様々な意見が飛び交っています。

・とてもいいバンドでしたので、活動休止は残念でならない。
しらない人は聴いてみればよいのに…
文句を言ったあとでもいいからさ。

・最近の曲調も良かったけど、やっぱりきのこ帝国は渦になるが素晴らしすぎた。

・私のきのこ帝国の入り口は「クロノスタシス」でした。
「東京」・「渦になる」でズブズブとハマっていき…。
復活したら…復活するまで、いつまでも応援します。

・あらら、これから楽しみなバンドだったのに残念。でもメンバーのみなさんの新しいチャレンジを応援します。

・活動休止はつらいけど、活動休止の理由を聞いて益々好きになったわ。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

簡単に今回の記事をまとめさせていただきます。

・きのこ帝国の活動休止について

・きのこ帝国のメンバー

・活動休止の理由

・谷口滋昭さんの実家の寺

・ネットでの反応

ということで私なりにきのこ帝国の活動休止をご紹介させていただきました

今回の活動休止を惜しむファンも多いので本当に愛されていたグループだったんですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。