常磐自動車道正面衝突事故!事故車両の画像がやばい!原因を調査!

ゴールデンウイーク期間に恐ろしい交通死亡事故が起きてしまいました。

詳しい現場や状況、事故車両の画像など詳しく追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

5月2日早朝5時ごろに常磐自動車道で大学生山本大智さんが運手する乗用車が中央分離帯を乗り越え反対車線を走行していた乗用車と正面衝突しています。

山本大智さんが乗っていた車はそのまま炎上し救出されたものの搬送先病院で亡くなっています。

2日午前4時55分ごろ、福島県広野町の常磐自動車道で、横浜市緑区長津田の大学生山本大智さん(20)の乗用車が中央分離帯を乗り越え、対向車線を走行中の福島県南相馬市の木幡徳敏さん(51)の乗用車と正面衝突した。福島県警などによると計8人が搬送され、このうち山本さんの死亡が確認された。7人の中には負傷者もいるが、いずれも命に別条はないという。

県警高速隊によると現場は片側1車線で見通しの良い道路。山本さんの車には計4人が乗っていた。木幡さんや、木幡さんの車に乗っていた40代の妻と4歳の息子が軽傷を負い、助手席の6歳の息子にけがはなかった。

参照 中日新聞

事故現場

事故現場ですが福島県広野町の常磐自動車道の広野インターチェンジ付近とのことです。

現場は片側1車線ですが見通しがよい高速道路だったみたいです。

出典 FNNニュース

この事故により常磐自動車道の上下線は広野インターチェンジ からいわき四倉インターチェンジの間が、やく4時間半に通行止めとなりましたが現在は復旧しています。

スポンサーリンク

事故車両がやばい

今回の事故で大学生山本大智さんが乗っていた乗用車が衝突後炎上し真っ黒に車体が焼けていました。

その衝撃映像が・・・

山本大智さんは全身にやけどを負い帰らぬ人となり同乗していた3人は病院に搬送されています。

衝突原因は?

衝突原因はいったい何だったのでしょうか?

旅行に向かう最中だったのか帰りだったのわかりませんが早朝という時間帯を考えたら居眠り運転だった可能性が高いのではないでしょうか?

もし居眠りだとしたのなら最悪な結果になってしまいました。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットでも様々な意見が飛び交っています。

・高速道路は2車線作ろうよ。
対面通行にするならきっちり分離してほしい。

・コストや通行量の関係で1車線の対面通行の高速があるのは仕方が無いけど、どうしてしっかりした中央分離帯を作らないのか不思議でしょうがない。

・ぶつかられた方は超災難。怪我ですんで良かった。GWは電車や飛行機をお勧めします。渋滞もなくてイライラしないしさ。

・居眠りかな。対向車は災難です。ご冥福をお祈りいたします。

参照 ヤフーニュース

まとめ

高速道路での事故は最悪な結果を招いてしまうことが多いです。

ゴールデンウイークお出かけの方も多いと思いますが運転には気を付けてくださいね。

泣くなれた大学生のご冥福をお祈りしけがをされた方の1日でも早く治ることを願います。

スポンサーリンク