三重県伊賀市の県道で陽夫多神社 祗園祭の花火大会の帰りの小学生をパトカーが跳ねて重症!!警察官の顔画像入手か!!

またしても子供を襲う悲劇が起きてしまいました。

なんと今回は市民を守る警察官の事故です。

スポンサーリンク

事件の概要

先月31日夜重県伊賀市川合の県道で花火を見て帰宅途中の小学生に伊賀警察署地域課のパトカーが追突し小学生は足の骨を折るなど重傷を負いました。

先月31日夜、三重県伊賀市の県道で花火大会を見に来ていた小学生の男子児童(7)が花火大会を警備中のパトカーにはねられて足の骨を折る重傷を負いました。

午後8時半ごろ、伊賀市川合の県道で道路を横断しようとした市内に住む小学2年の男子児童が伊賀警察署地域課の53歳の男性署員が運転するパトカーにはねられました。男子児童は足の関節を骨折する重傷です。警察によりますと、現場近くでは当時、花火大会が開かれ、パトカーはその警備中だったということです。また、男子児童は花火大会を見るために母親と現場を訪れていて、いったん、母親と離れて花火を見た後、道路の反対側にいた母親のところへ戻ろうとしたということです。

参照 ANNニュース

警察官の顔画像は?

事故を起こした警察官の顔画像ですがマスコミやテレビなどには一切報じられていません。

なぜだか不思議と警察官の事故の場合名前すら報道もされていません。

こちらはわかり次第追記していきたいと思います。

警察官のプロフィール?

名前 不明

年齢 53歳

職業 伊賀警察署地域課の警察官

住所 不明

容疑 過失運転の疑い

スポンサーリンク

事故が起きた現場

報道では三重県伊賀市川合の県道と報道されています。

出典 ANNニュース

道路を見た感じ見通しが悪い道路にも見えませんし横断歩道もあります。

53歳の伊賀警察署地域課の警察官は気を付けて運転していたのでしょうか?

ましてや花火大会が近くであったわけですから人がいつも以上に歩いていることを想定して運転をしていたのでしょうか。疑問が残ります。

ちなみに花火大会とありますがこの日は陽夫多神社 祗園祭の花火大会が行われていました。

ネットの反応

 ちゃんと見てたの?

どっちも

参照 ヤフーニュース

近くに横断歩道があるのに、そこを渡らず道路に飛び出したバカ小学生。
親の躾が全く出来ていない。
運転していた警察官が可哀そう。
警察は全く悪くない。

参照 ヤフーニュース

どうか無事でいてほしい…

参照 ヤフーニュース

横断歩道あるけど何処を横断してたんだろ?

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

ネットの意見では小学生に対しての厳しい意見もありますが夏休みに入り子供たちもウキウキでつい飛び出しがなんてことも。

車を運転するほうもより一層この時期は気をつけないといけないのではないのでしょうか。

しかし小学生も命に別条がなく良かったです。