糖質制限ダイエットの方法を間違えていない?正しく無理なく痩せよう

今までのダイエットの常識といえばできるだけカロリーを押さえて体重を減らすのが一般的でしたが、近頃は「糖質制限」がダイエットに効果的だと考えられています。

本屋さんに行くと専門書なども数多く発売されていて気になっている人もいると思います。

そうはいても「糖質制限」とは具体的にどんなことをしたらいいのか迷っている人も。

そんなあなたに糖質制限ダイエットについて詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットは、カロリーを少なくするのではなく「糖質の多い食品」を制限するダイエット法のことをいいます。

例えばご飯やパン・パスタなどの炭水化物は糖質の量が多いので主食を抜くだけでもダイエットできます。

糖質制限ダイエットはひたすら食べる量を減らすカロリーに特化したダイエット方法とは違い、タンパク質や油を減らす必要がないので、我慢が少なくダイエットできリバウンドの心配もなくなります。

糖質制限といっても完全に炭水化物を食べないのではなく、夜はタンパク質を中心として食生活にするなど量を減らすだけでも効果が実感しやすく、リバウンドしにくい効果的なダイエット方法になります。

糖質を制限する分、栄養の偏りなどが起きやすくなるのですが炭水化物以外で不足しがちな栄養をしっかりと補ってあげれば問題ありません。

ダイエット中の空腹感がストレスになってしまう人は、糖質制限ダイエットが最適な方法だといえますね。

ダイエットは自分にあった方法を選ぶことが重要です。

糖質制限ダイエットは糖尿病の人向けに考案された

糖質制限ダイエットはもともと、糖尿病や肥満の人向けに考案されたダイエット法の一つです。

1970年代にアメリカ人医師の「ロバート・アトキンス」が肥満の原因は炭水化物であると著書の中で伝えました。

毎日の食事からできるだけ炭水化物を抜いた食事をすることで肥満を解消するとして「アトキンスダイエット」と呼ばれるようになりました。

日本では2013年に日本糖尿病学会にて糖質だけでなくカロリーや脂質の接種も検討するように言われています。

今では糖尿病で悩んでいる人だけでなく、美容面からも糖質制限ダイエットが向いていると考えられるようになり、広まっていきました。

ただし糖質制限ダイエットについて間違えた認識をしてしまっている人もいます。

ただ炭水化物を過度に減らしたり、主食を食べない分、果物や野菜をたくさん食べればいいと思ってしまっている人がいたり、逆に糖質を過剰に取ってしまっていることもあります。

スポンサーリンク

積極的に摂りたい食材

糖質制限ダイエットでは1日あたりの糖の摂取量を「5g」以下に抑えることから始めるのをおすすめします。

糖質制限ダイエットで有名な西脇先生いわく、それだけでも体の中にある毒素が抜けていくといいます。

(1) 炭水化物はお茶碗半分

茶碗1杯の精白米(ご飯)150gの糖質は55.2gとやや多めの糖質量になります。

麺類はヘルシーかと思いきやスパゲッティは100gで71.2g、中華麺は150gで54.8gと糖質の量が多くなります。

そのため糖質制限ダイエットを意識するのであれば玄米にしたりご飯を別のものに置き換える(カリフラワーなど)ことで糖質を減らします。

またお茶碗の半分程度の量でも十分です。

ヘルシーの代表そばになると170gで40.8gと他の炭水化物よりは少なくなります。

(2) 肉類

糖質制限ダイエットでは肉は積極的に食べていい食材です。

脂分の多い牛肉ロースでも150gで5.6gの糖質しかありません。

より糖質を制限するなら鶏もも肉や鶏むね肉にするとほぼ糖質が含まれていませんので安心して食べられます。

豚肉ならもも肉が糖質が少なめになりますし、牛肉は牛バラがおすすめです。

これらは糖質も少なく栄養もたくさん含まれている優秀な食材です。

(3) 野菜

野菜は糖質が少ないと思っているかもしれませんが、とうもろこしは107g、じゃがいもは24g、キャベツは20.4gと糖質が多くなってしまいます。

逆に糖質が少ないのはトマトやブロッコリーなどの緑黄色野菜です。

他にも大根・ごぼう・レタス・もやし・玉ねぎ・ほうれん草は糖質が少ない野菜です。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット中は酢を多く取ろう

糖質制限ダイエットで何を食べていいか迷ったときは、調味料の酢を使った食事を選ぶのがおすすめです。

酢は食後の血糖値の上昇を穏やかにしてくれる効果もあります。

また脂肪の合成を抑制してくれるので、蓄積してしまう心配がありません。

ダイエット中の気になる便秘も解消してくれます。

酢が入っているだけで糖質を含んでいる食事であっても食べてもオーバーしてしまう心配がなくなります。

例えば炭水化物なら冷やし中華(酢を含んでいるもの)にすると、糖質を上手におさえることができます。

スポンサーリンク

まとめ

糖質制限ダイエットは無理にダイエットをするのではなく、日々の食事を見直して少しでも糖質の少ない食事を選ぶことで自然とダイエットができ体に負担をかけずに美しく健康になれます。

ただし過度に炭水化物を制限しないようにしてくださいね。