竹場裕人容疑者!顔画像、Facebookは?薬物対策課巡査長の今後は・・・警察はどのように対応?

大阪であきれた事件が起きました。

女子大生の衣服の中にスマートフォンを入れて盗撮しようとした男が逮捕されました。

逮捕された男はなんと警察官ではないですか。全くあきれる話です。

スポンサーリンク

事件の概要

事件は26日の夕方大阪市の大型商業施設のエスカレータでは起きています。

上りのエスカレータに乗る女子高生の後方から竹場裕人容疑者はロング丈のトレーナの中にスマートフォンを入れ盗撮した疑いで現行犯逮捕されています。

逮捕容疑は26日午後6時50分ごろ、大阪市中央区難波3の商業施設「なんばマルイ」の上りエスカレーターで、女子大学生(19)の膝丈のロングトレーナーの下にスマートフォンを差し入れたとしている。画像や動画は保存されておらず、容疑を否認している。

府警監察室によると、大学生が壁の鏡越しに不審な動きをする竹場容疑者に気付いてとがめたところ、その場から逃走。施設の北約100メートルの路上で、20代の男性会社員が取り押さえて南署員に引き渡した。
参照 毎日新聞

しかし竹場裕人容疑者は大きな商業施設でどうどうと盗撮していたとはあきれるばかりです。

竹場裕人容疑者の顔画像は

竹場裕人容疑者の顔画像は今のところ報道はされていません。

竹場裕人容疑者の顔は捕まえた20代の男性、女子高生のみが知っています。

SNSで普段の生活や顔画像などがわかるかもしれないのです検索してみましたが本人と思われるアカウントは検索できませんでした。

フェイスブックの検索はこちら

事件があった商業施設は

報道されている通り大阪市中央区難波3の「なんばマルイ」ということでこちらの場所になります。

大阪でも繁華街の一角となります。


竹場裕人容疑者はここで盗撮だけのためにいたのでしょうか。

あらかじめ中で待機して自分の好みの女性が見つかったので後をつけたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

竹場裕人容疑者が所属する薬物対策課とは

竹場裕人容疑者が所属する薬物対策課とは警察の組織の中の一つで組織犯罪対策部の中の一つです。

組織犯罪対策部(そしきはんざいたいさくぶ)とは、日本の警察組織のうち、主に暴力団、銃器や違法薬物の使用・密売買、日本の外国人(既出国者も含む)による犯罪対策を目的とする内部組織の一つ。旧来は刑事部等において捜査第四課と呼ばれていた部局が独立して設置されてきている。通称「組対」

参照 ウィキペディア

覚せい剤など危険ドラックなどを取り締まる課となっています。

インターネットでの意見は

インターネットでは様々な意見が飛び交っています。

余罪があるのではという意見や

今回の女子大生は問い詰められる子だったけど、そう出来ない子をこれまで何回もやってるんじゃないの?スマホとパソコン調べまくれ。

参照 ヤフーニュース

なぜそんなことをするのかと疑問の声も・・・

厳しい警察学校などを経て巡査長までなり府民を守らないといけない立場の警察官がこのような事をするのでしょうか??やはり仕事が大変だからコントロールできずこのような事に走ってしまうのでしょうか?でも真面目にされてる警察官はたくさんいらっしゃいますのでもう少し誇りをもち職務にはげんでほしいものですね。

参照 ヤフーニュース

など厳しい意見もあります。

数年前なら警察の盗撮は書類送検だった
今回は逮捕
珍しく身内に甘いではないな
参照 ヤフーニュース

竹場裕人容疑者は今回の事件を否認していますがなぜ逃げないといけなかったのでしょうか。

もし本当にやってないのならば逃げる必要もないと思います。

このあとこの事件が公になるかは不透明ですがもし犯行を認めることがあるのならば警官としてとだけではなく人間として今後2度と同じ過ちを犯してほしくないですし警察もきちんとした処分で対応していかなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク