映画「食べる女」セックスも味覚?豪華キャスト で動画公開!

年齢・職業・価値観などが全く違う8人の女達の私生活とともに、食と性のあり方を描いたという現代を生きる女性達に注目の映画「食べる女」。

女優・小泉今日子ら豪華なキャストで撮影されたと話題の映画『食べる女』から特報動画などが解禁となり注目を集めている。

今回発表された特報では、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子ら豪華キャストが美味しそうに卵かけごはんを食べる姿が収められている動画が公開された。

「例えばセックスも味覚だと思う。」

というキャッチコピーとともに卵かけご飯を豪華な女優達をキャストし、

「おいしいゴハンを食べて、いい恋をして、“おいしい女”になって“私”を味わい尽くそう!」

と、現代社会の荒波に飲まれる女性達にメッセージを投げかける作品となっている。

スポンサーリンク

映画「食べる女」

出典 ユーチューブ

9月21日に公開予定となっている映画「食べる女」は、2007年に発売された筒井ともみ氏の「食べる女」「続・食べる女」(新潮文庫)が原作となっている。

おいしい食事は体が元気に、いとしいセックスをすると心が優しくなるというスローフード・スローセックス宣言を掲げた短編集として注目を集めている。

今回の映画は原作を書いた筒井ともみ氏が脚本化し、恋に、仕事にと現代社会を悩みながらも奔走する8人の女性たち超豪華女優陣が夢の共演が実現。

8人の女性たちには、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香が扮する。

また、男性キャストには、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平らが出演し生野慈朗監督がメガホンをとると話題の作品である。

スポンサーリンク

投げかけられるメッセージとは?

恋に仕事にと悩みながらも現代社会を奔走する女性陣に向けて、

「おいしいゴハンを食べて、いい恋をして、“おいしい女”になって“私”を味わい尽くそう!」

というメッセージが込められた作品となっている映画「食べる女」は、食・性という人生の中で欠かすことの出来ないテーマに「自分を味わいつくす」ということの大切さを、8多種多様に現代社会を生きる女性の生活を通して描いている。

映画「食べる女」で敦子(トン子)を演じる小泉今日子は、

「人ってね、おいしいゴハン食べてる時と、愛しいセックスしてる時が一番、暴力とか差別とか争い事から遠くなる。セックスは相手がいないとできないけど、ゴハンはいつでもできる。だから、手抜きをするな、女たちよ!」

と、言葉を投げかける姿が今回解禁された特報映像で披露。また、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という豪華女優陣が“卵かけごはん”を食べる様子を映し、

「例えばセックスも味覚だと思う。」

という恋に仕事にと悩みながらも現代社会を生きる女性達へセンセーショナルなキャッチコピーを投げかける。

6月30日より順次劇場にて最新情報が公開・掲出され9月21日に公開予定となっている映画「食べる女」に注目したい。

スポンサーリンク