染谷将太が主演の映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」がスゴイ!

俳優・染谷将太が主演の映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」(チェン・カイコー監督)が24日からTOHOシネマズシャンテ(東京都千代田区)ほか全国で公開された。

この作品は日中共同製作映画として史上最大プロジェクトで製作され豪華なセットやキャストに壮大な物語が公開前より話題となっていた。

主演を務めた染谷将太演じる空海が繰り広げる冒険と、約6年の歳月をかけて再現された長安の都が舞台となる圧倒的なスケールで行われた映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」に注目が集まっている。

スポンサーリンク

豪華なキャスト


出典 ツイッター

映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」の撮影の為に約6年の歳月をかけて東京ドーム約8個分(36万7000ヘクタール)の土地に再現されたという「長安の都」を舞台に選ばれた豪華なキャストも話題となった。

日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海を演じるのが主演の染谷将太。ホアン・シュアンが演じる詩人の白楽天と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」。

物語の中で重要な人物である⽇本から唐に渡った⼥性で、空海と白楽天が追い求めている「楊貴妃の謎」を解く秘密を知る白玲役を演じるのが松坂慶子

また、もう一人物語の重要な役どころであると言われている安倍仲麻呂役には阿部寛が演じる。

他に、高橋一生、吉田羊、東出昌大、イッセー尾形ら豪華な俳優陣が出演する映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」が全国公開され早くも話題となっている。

映画「空海-KU-KAI-」

出典 ユーチューブ

染谷将太が若き日の空海を演じた日中合作映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」は長安を揺るがす怪事件の謎を追うファンタジーアドベンチャー作品。

東京ドームの約8個分にもなるセットは圧倒的なスケールで長安の都が再現。セットや美術品のみならず壮大な物語に圧倒される映画が制作発表時から注目されていた。

また、主演の染谷将太が演じる空海が密教を授かった青龍寺のセットが、現在では本物の寺として使われ僧侶たちが住んでいるという信じられないニュースも。

映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」の物語のみならず、壮大なスケールで制作された長安のセットにも注目だ。

スポンサーリンク

原作・あらすじは?

出典 角川文庫

制作時より話題となった日中合作映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」の原作は、夢枕獏氏の中国伝奇小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」だ。

物語が描かれた文庫本4冊の中からストーリーを抜粋して映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」は2時間余りの作品にまとめられている。

あらすじ
盟友・橘逸勢らと共に、遣唐使として長安に入った若き僧・空海は、密教の真髄を「盗みにきた」と豪語。ありあまる才で多くの人を魅了していく。そんななか、奇怪な事件が続く長安では、役人・劉の屋敷に猫の化け物が取り憑き、皇帝の死を予言したという。噂を聞いた空海と逸勢は、劉家を訪れ妖猫と対峙することに。

公開後早くも話題となっている日中合作映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」に注目したい。

スポンサーリンク