重森智子容疑者逮捕!!またしても小学生を襲った悲劇の顔画像は!?

またしても高齢者の交通事故で小学生1人のとうとう命を失うことになりました。
あまりにも多い高齢者の交通事故!今回の事故の重森智子容疑者も70歳ということです。
一体その顔は何を考え何を見ていたのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要

事故は1月30日の夕方小学生の下校途中に起きてしまいました。

重森智子容疑者が運転する車を向くも5台を巻き込む事故でその中の1台が下校途中の小学生の列に突っ込んでいきました。

岡山・赤磐市の県道で30日、車5台がからむ事故があった。この事故で、車1台が下校中の小学生の列に突っ込み、9歳の女の子が死亡した。
30日午後4時すぎ、赤磐市の県道の交差点で、車5台がからむ事故があり、はずみで軽トラックが下校中の小学生6人の列に突っ込んだ。
この事故で、児童5人が病院に搬送され、このうち、4年生の藤原友依さん(9)が死亡した。
また、男子児童2人が重傷、ほかの2人は軽傷を負った。
警察は、児童の列に突っ込んだ軽トラックに追突する事故を起こしたとして、赤磐市の無職・重森智子容疑者(70)を過失運転傷害の現行犯で逮捕し、その後、容疑を過失運転致死傷に切り替えて調べている。
警察によると、森重容疑者の乗用車が対向車線にはみ出して車にぶつかり、そのはずみで元の車線に戻り、前を走っていた軽トラックに追突したという。
参照 FNNニュース

事故にあった小学生もまさかの出来事にどうしようもなかったことだと思います。

重森智子容疑者の顔画像は???

高齢者だった重森智子容疑者の顔写真や報道がないか調べてみることにしました。

残念ながら今のところ顔などの報道などは出ていません。

一応SNSなどで調べましたが残念ながら断定できる人物は見当たりませんでした。

フェイスブックのアカウント結果はこちら

また顔画像などが報道されましたら随時追記したいと思います。

事件が起きた現場は

事件起きた場所ですが報道によると岡山県赤磐市多賀の県道ということでこの辺りではないでしょうか。


出典 グーグルマップ

地図上を見ると赤磐市立笹岡小学校赤磐市立軽部小学校があり被害にあった小学生はどちらかの小学校に通っていたとおもわれます。

事故の画像を見る限り車は横転し大破しています。

いったいどれぐらいのスピードで被害にあった小学生の列の突っ込んでいったのでしょうか。


出典 FNNニュース


出典 FNNニュース

画像でも説明にありますが重森智子容疑者の乗った車が最初に追突してハンドルなどが切れなくなりほかの車に次々に衝突してそのうちの1台の軽トラックが小学生の列に突っ込んでいった模様です。


出典 FNNニュース

玉突き事故となっていますが事故写真の車の破損状況や軽トラックを跳ね飛ばしている状況から重森智子容疑者の乗った車は相当スピードが出ていたのではないでしょうか?

夕方4時ということで日が沈む時間帯での出来事、年齢による視力低下に加え運動能力の低下、もしくは重森智子容疑者の体に異変が原因?こちらはまた何か情報が入れば追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

インターネットでの反応は

これだけ高齢者ドライバー問題があるのに まだ自分は大丈夫みたいな人が多すぎる
年齢制限を決め強制で取り上げるくらいじゃないと何も変わらない
参照 ヤフーニュース

とっさの判断ができなくなったり、反対車線にはみ出してしまうなら運転はやめないと。
免許の更新も人員的に難しいのかもしれないけれど半年おきに運転のシミュレーションゲームみたいなのできちんとチェックしたりできないのかな。
参照 ヤフーニュース

朝 元気に行ってきますと言って登校した娘が車の事故の巻き添えで帰らぬ人となるなんてご両親の気持ちを考えると無念としか言いようがない。高齢者の事故が目立つ現在対策が一向に進められていない。
ならば最低限通学路の道路には強固なガードレールをお金がかかっても整備してもらいたい。
参照 ヤフーニュース

高齢者の強制免許取り上げと
車両販売における
ドライバーの年齢確認と
免許提示・確認の徹底、
さらに購入者が第3者に頼まれたり
届け出なしで譲った場合の
連帯責任(免許生涯剥奪)を
徹底しなければならない。
参照 ヤフーニュース

とインターネッでも高齢者に対する免許や運動能力の低下、道路の整備など様々な意見が飛び交っています。

高齢者の事故について・・・

あまりにも多い高齢者の交通事故に驚いてします。
今回は特に小学生の命までも奪っています。
免許の返還や更新のシステム自体の見直し、車の販売なども真剣に見直していく必要があるのではないでしょうか。
高齢化社会に突入しているだけにこのような事故は今後もおきてしまう可能性が大きいです。
一向にも早い対策を願いたいものです。

スポンサーリンク