坂口一朗容疑者 顔画像は?医師の男、飲酒運転でひき逃げ!!病院判明か?

年が明けてから飲酒運転によるひき逃げ事件が多発しているようです。

今度は医師の男のようですが、なぜ飲んで運転してしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

大阪府和泉市で医師の坂口一朗容疑者は1月4日の午後6時すぎ、飲酒運転で女性にけがをさせ逃げた疑いで逮捕されたようです。

大阪府和泉市で、医師の男が飲酒運転をして、女性にけがをさせ逃げた疑いで逮捕されました。
ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、和泉市に住む医師の坂口一朗容疑者(57)です。
坂口容疑者はきのう午後6時すぎ、和泉市いぶき野で中央分離帯に乗り上げて対向して走る車2台に衝突、うち一台に乗っていた女性(47)に軽いけがをさせたにもかかわらず逃げた疑いがもたれています。

警察によると、坂口容疑者は事故からおよそ1時間後に警察に出頭し、呼気からは基準値以上のアルコールが検出されたということです。
坂口容疑者は「中央分離帯にあたったが、車にあたった認識はない」と容疑を一部否認しています。

参照 カンテレニュース

坂口一朗容疑者の顔画像

坂口一朗容疑者の顔画像はテレビなどでは報道されていませんでした。

普段の生活がわかるかもしれませんのでSNSで検索してみたところ同姓同名が多数あり、本人と断定できるアカウントを見つけることができませんでした。

フェイスブックの検索はこちら

スポンサーリンク

坂口一朗容疑者のプロフィール

名前:坂口一朗(さかぐち いちろう)

年齢:57歳

住所:大阪府和泉市いぶき野

職業:医師

容疑:自動車運転処罰法違反(過失致傷)と

   道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑い

事件のあった場所

坂口一朗容疑者が酒気帯びで事故をおこした道路はこちらの大阪府和泉市いぶき野の道路になります。

出典 カンテレニュース

坂口一朗容疑者は右折をしようとして曲がり切れず、中央分離帯に乗り上げ、対向してきた2台の車にぶつかり女性にけがをさせたようです。

出典 カンテレニュース

大阪府和泉市いぶき野は地図ではこのあたりになります。

スポンサーリンク

坂口一朗容疑者の病院判明か?

SNSで検索してみたところ、坂口一朗容疑者の病院がツイッターなどで判明しているようです。

もしその情報が本当でしたらこちらの病院ではないでしょうか。

病院は「さかぐちクリニック」で大阪府堺市西区にあるようです。

地図を掲載しておきますのでご覧ください。

ホームページも見つかりましたので気になる方はご覧ください。

気になる方はこちら

インターネットの反応

道路交通法の救護義務違反罪は人身事故でなければなりませんが、運転停止義務違反罪や危険防止措置義務違反罪、事故不申告罪は物損事故や自損事故も含まれるので、いずれにせよこの医師にこれらの犯罪が成立することは間違いありません。
ただ、右折時に中央分離帯に乗り上げ、対向車線で信号停止中の乗用車2台に接触したとのことですので、飲酒の上で人身事故を起こして怖くなり、自己保身からそのまま逃げたという、よくあるパターンの事件ではないでしょうか。
医師が逃げてどうする
命を助ける立場の人が…今まで人を救って来たんじゃないの?

これだけ飲酒運転のニュースを連日されていても、自分は大丈夫自分は事故をしない自分は捕まらないという根拠のない想いが勝つんだなぁ。医師になって多くの飲酒絡みの事故で怪我をした患者を診ただろうに。
運転免許と医師免許はく奪だな。
死亡させようが怪我をさせようが紙一重のことでやってはいけない罪の重さは同じだ。

飲酒運転をしている時点で医師としての倫理観が欠如している。医師ならば交通事故で運ばれてくる患者はごまんと見ているはずであるし、残念ながら亡くなった方も沢山見ているはず。アルコールで人生を棒に振る患者もね。轢き逃げ事故を起こさなかったとしてもこの医師は医師免許剥奪で良いと思う

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

中央分離帯に乗り上げただけで車にぶつかったことは否定しているようです。

対向車の女性はケガをされたようですので、かなり衝撃があったと思います。

奥さんに同行されて出頭するまでの1時間の間に言い訳を考えていたのでしょうか。

しっかり反省して二度とお酒を飲まないようにしていただきたいと思います。