今年は離島の旅に出てみたい?のんびりとした贅沢な時間を過ごしてみたい方必見!!

今年はGWが10連休になることもあり、普段はなかなか行けない海外や離島へ旅行が流行っているそうです。

飛行機で移動したあとに船に乗って移動するなど、移動距離が長いケースが多く1泊2泊程度ではどうしても利便性のいい場所になってしまいます。

日本には意外と知らない隠れた人気スポットともいえる離島がたくさんあります。

たまには行ったことのない離島に足を伸ばして違った経験をしてみたいと思っているあなたは、この機会に離島の旅にでかけてみませんか。

スポンサーリンク

離島の魅力とは?

日本は島国なのでもともと周囲を海で囲まれた作りになっています。

北海道・本州・四国・九州を含め「6,852」にもなる膨大な数の離島があると言われています。

離島にはその島固有の動植物が生息していたり、歴史的な独自の文化が残っていることも珍しくありません。

本州とは違った伝統的な考え方や観光名所などもあり、離島ならではののんびりと過ぎていく時間を楽しめるのも良さの一つだろ思います。

商業施設やテーマパークなどの派手なスポットはないものの、自然の美しさを直に感じたり星空を眺めたりして時間を忘れた贅沢な時間が過ごせるのも離島の良さといえるのではないでしょうか。

1度離島に行くとその魅力を実感し何度でも行きたくなってしまう、リピーターが多いのも離島の良さです。

言葉では言い表せない、リフレッシュした時間が過ごせます。

スポンサーリンク

日本の離島おすすめ5選

日本にある数ある離島の中でも、特におすすめしたい5選について紹介します。

それぞれに違った魅力があるのも離島ならではの楽しみ方だなと感じます。

1. 佐渡島

新潟県にある佐渡島は日本海にある一番大きな離島です。

積雪量も少なく夏は高温多湿なので四季折々の景色を満喫できます。

1,700種類にもなる植物が自生していたり、日本渚100選に選ばれた絶景もあります。

大野亀と呼ばれる秘境もあり標高167mにもなる1枚岩が海から出ています。

自然の美しさを実感できるおすすめの離島です。

2. 礼文島

北海道の北部にある離島で花の浮島と呼ばれるほどの美しい離島として知られています。

6月には300種類にもなる高山植物が一斉に端を咲かせ固有種なども多いので、あまりの美しさに言葉を失ってしまうほど。

北海道の気候なので冬はとにかく寒いのですが、夏から秋にかけてベストシーズンです。

トレッキングが人気です。

3. 慶良間諸島

沖縄にある慶良間諸島は大小20個あまりの離島が集まってできたものです。

世界屈指と言われる、透明感抜群真っ青な海は「ケラマブルー」と呼ばれるほどで、多様多種のサンゴが生息しています。

ウミガメの産卵地としても有名ですし、冬にはホエールウォッチングなども楽しめます。

沖縄のメインになる那覇からも近くアクセスの良さもポイント!

4. 五島列島

長崎県にある五島列島は今特に注目されている離島です。

高浜海水浴場は日本で一番美しいビーチと言われており、驚くほどの透明度は人工的に作られたものが何もないからこその景色です。

自生郡も多く存在しておりはまゆうなども美しい景色を見せてくれます。

キリシタンの歴史的な建造物も残っておりとても貴重な島です。

5. 小笠原諸島

6日に1便運行している定期船しかアクセスできない離島としても知られる小笠原諸島は、実は東京都の管轄地域です。

2011年にユネスコ世界文化遺産に登録されたこと、海がとにかく絶景で南国らしい雰囲気なのも魅力です。

一番人気は父島と母島です。

マリンアクティビティも豊富でアクティブに遊びたい人向けです。

スポンサーリンク

離島に少しでも安くお得に行く方法

離島の場合はなんと言っても船で移動した方が安くなります。

離島によっては飛行機があり空港もある便利な離島もありますが、どうしても移動費が高額になってしまいがちです。

大型船特にフェリ-などを活用すると移動時間はかかるものの、移動費用を抑えることができます。

高速船になると時間は短縮できるのですが、その分移動費用が割高になってしまうことも。

また飛行機を使う場合は、パッケージなどの予約と一緒にしてしまい「早期割引」を使うのが最もお得になる方法です。

直前になるとほぼ定価になってしまう飛行機代も、早く予約するだけで半額程度の価格になることも珍しくありません。

またお正月明けやGW明けの大型連休のあとになると、旅費を押さえて行ける場合もあるのでおすすめです。

離島だとどうしても移動する距離や回数が多い分、高額になってしまうこともあるのですが、これなら安心ですね。

スポンサーリンク

離島に行くなら混雑時期は避け、早割でお得に行くのがおすすめ!!

日本にたくさんある離島に行って時間を忘れてのんびりとした時間を過ごしてみたい!

そんなあなたは行く時期や早期割引などを使って、少しでもお得に予約するようにしてくださいね。

船での移動も早めに予約を取っておけばお目当ての船に乗れなかったなんてこともありません。

混雑している時期に行くよりも空いている時期の方が離島ならではの自然を満喫したり、楽しめるはずです。

あなたも離島の旅にでかけてみませんか。