押田超 顔画像、Facebookは?冷凍エビで1億円詐欺!!詐欺方法がえぐい!家族は?

またしても詐欺事件です。

架空取引で現金1億円をだまし取ったとして食品卸会社の取締役の男が逮捕されています。

1億円の使い道や家族など追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

押田超容疑者は自分が立ち上げた食品卸会社から架空の仕入れをしたと見せかけて食品卸会社アイコスから現金1億円をだまし取ったとして逮捕されています。

横浜市の食品卸会社「アイスコ」の取締役だった押田超容疑者(48)は、自分が立ち上げた別の食品卸会社から冷凍エビなどを仕入れたように見せ掛けて代金約1億円をアイスコからだまし取った疑いが持たれています。警察によりますと、押田容疑者は2010年からの約4年間で複数の会社を介して少なくとも300回、20億円以上の架空取引を行っていました。押田容疑者には多額の借金があり、だまし取った金は返済に充てられていたとみられています。取り調べに対し、押田容疑者は容疑を認めています。

参照 ANNニュース

押田超容疑者の顔画像は?

押田超容疑者の顔画像ですがすでにマスコミやテレビなど報道されています。

出典 ANNニュース

普段の生活がわかるかもしれないのでSNSを調べてみましたが本人と思われるアカウントは発見できませんでした。

SNSなどはやってなかったのでしょうか?

フェイスブックの検索はこちら

押田超容疑者のプロフィール

名前 押田超(おしだ まさみ)

年齢 48歳

職業 アイスコの元取締役

住所 神奈川県相模原市中央区東淵野辺

容疑 循環取引を行い詐欺の疑い

食品卸会社アイコス

押田超容疑者が詐欺を行っていたのは元取締役だった食品卸会社アイコスです。

この会社は主に冷凍食品などの卸を行っておりますが他にもスーパーマーケット事業やフローズン事業など手広く事業展開しています。

まさか経営者も取締役だった部下が循環取引などをしていたなんて驚きではないでしょうか?

詐欺方法!!

押田超容疑者が行った詐欺方法ですが複数の会社を使い架空の売買を繰り返す「循環取引」でした。

押田超容疑者はアイコスのほかの取引先に架空の取引を協力させ転売を重ねながら利益を上乗せし自分が立ち上げた会社を挟んでアイコスに高値で買戻しさせて利益を得ていたようです。

その取引は2010年から4年ほど行い総額20億円とも言われています。

家族は?

押田超容疑者に家族はいたのでしょうか?

年齢的には妻や子供がいてもおかしくない年ですが詳しいことは今のところ分かっていません。

ただ家族がいたのならば驚きが隠せないのではないでしょうか?

押田超容疑者は借金返済のため詐欺を繰り返していたようですのでもしかしたら独り身だったかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件ですがおそらく内部告発で発覚したと思いますが怖い話です。

他にも似たようなことをしている人がいるかもしれないので一度あなたの会社も調べてみた方がいいかもしれませんね。