メジャーの洗礼!大谷翔平にホームラン後の無視に氷水

大リーグのエンゼルスに移籍し活躍に注目が集まっていた大谷翔平(23)が、本拠地でのインディアンス戦にDH・8番でスタメン出場。

本拠地での初回に巡ってきた最初の打席で3ランホームランを放つ衝撃の地元デビューを果たした。

全米メディアは投手での初勝利に続く打者としての4打数3安打の大活躍という歴史的快挙を報じ話題となっている。

スポンサーリンク

初打席でホームラン

春季キャンプでは結果が残せず、マイナーリーグ開幕説という疑念も生まれていた大谷翔平。

しかし、エンゼルスは球団の計画に従い辛抱強く待つようにしていた。大谷翔平が所属するエンゼルス地元のロサンゼルス・タイムズ紙は、初の本拠地でのインディアンス戦での活躍に、

「大谷に関する全ての懸念がぬぐい去られてダグアウトに笑顔があった。決定的な答えを出した。とんでもない奴だ。翔平!」「メジャーリーグ史上、最も楽しみなルーキーの1人である大谷が、この3日間で2度目となる劇的なプレーを披露した」

と、投手・打者として結果を残した大谷翔平へ絶賛のコメント。

結果を残す

オークランドで日曜日最初の先発では3人の打者に対し3点を許したのみで、支配的な6イニングでアスレチックスを撃破。2日後には初本塁打を放ち大谷翔平の快打により勝利。

ルーキーから勝利投手の権利をプレゼントされたギャレット・リチャーズは、

「彼の肩には多くの期待がかかっている。しかし、彼がフィールドでプレーを楽しみ、結果を残す姿を見れてよかった」

とコメントした。また、チームメイトは「サイレント・トリートメント」というベンチでの出迎えを無視する儀式で新人である大谷翔平を祝福。

誰もが注目のルーキーのデビューを心配していたようだった。

スポンサーリンク

快挙に注目が集まる

この数日で大リーグでの大谷翔平に対する注目度は一気にヒートアップ。オレンジカウンティ・レジスター紙は、

「この2日間(投手として先発勝利&本拠地本塁打)で、大谷は、不可能に見えていた挑戦(二刀流)を可能に感じさせた。投手大谷が躍進の投球を見せてから、わずか48時間後、打者大谷は3安打を放ち、3ランまで記録して見せた」と、賛辞のコメント。

大谷翔平に対して、春季キャンプでは不安視する声もあったが、自信を無くすこともなく本番で結果を着実に残しているその強靭なメンタルもたたえられている。

大谷翔平へメジャーの洗礼

MLB-mania Japanさん(@mlb_mania_japan)がシェアした投稿


出典 インスタグラム

勝利投手が2日以内に打者として出場した試合の1回でホームランを記録したのは「野球の神様」ベーブ・ルース以来97年ぶりという。

そんな快挙を成し遂げた今期より移籍した大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手。

ルーキーながら偉業を達成した彼に祝福の声が相次いでいるが、ネット上では新人選手が初めてホームランを打ったときにチームメイトが仕掛けるイタズラへの反応が話題となった。

スポンサーリンク