誘拐犯大小原康二容疑者逮捕!!SNSからの誘拐で顔画像あり!

SNSで知り合った高校生を誘拐して大小原康二容疑者を逮捕!!

気軽にできるSNSだけに衝撃的事件か!?

大小原康二容疑者の顔画像とその素顔とは・・・


スポンサーリンク

事件の概要

気軽に使えるSNSから起きた誘拐事件。

栃木県に住む高校1年の少女とSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でやり取りして家出するよう誘い出し、自宅に連れ去ったとして静岡県の44歳の男が逮捕されました。

静岡県沼津市の無職・大小原康二容疑者は20日、栃木県に住む高校1年の16歳の少女を家出するよう誘い出し、自宅に連れ去った疑いが持たれています。警察によりますと、2人はSNSで知り合い、やり取りをしていて、大小原容疑者は「うちへおいでよ」などと誘っていました。女子高校生は20日朝、「友達と勉強する」と言って外出していて、自宅には「悩みがあり、家出する」という内容の手紙を残していたということです。警察は21日午後、一緒にいた2人を発見して大小原容疑者を逮捕し、女子高校生を無事、保護しました。取り調べに対し、大小原容疑者は容疑を認めているということです。

参照 テレビ朝日

と大小原康二容疑者は犯行を認めています。

最近本当に増えてますSNSからの出会いからのいろいろな事件。

今回の誘拐事件だけではなく詐欺事件などもよく聞きます。

大小原康二容疑者の顔画像!!

テレビなどの報道で顔画像は公開!!逮捕の画像ですが実際知り合ったSNSなどからも顔画像がないか調べてみることにします。

未成年誘拐の大小原康二容疑者の顔画像は・・・

出典 ANNニュース

出典 ANNニュース

フェイスブックのアカウントなどど検索するものの残念ながら大小原康二容疑者と断定される人物の発見はできませんでした。

フェイスブックのアカウント結果はこちら

では今回であったといわれるSNSですがどうやら登録制の会員サイトまではわかってはいるのですがどのサイトなのか断定はできませんでした。こちらは引き続きわかり次第追記いたします。

誘拐されるまでのいきさつ

栃木県から静岡県まで誘拐されるわけですが大小原康二容疑者が直接に誘拐したわけではありません。
SNSでの会話の中でうちにおいでよということで高校生を誘い出したようです。

大小原康二容疑者は無職でお金もなく高校生を迎えに行くこともできなかったようです。

高校生も学校の悩みなど抱えておりそんなとき大小原康二容疑者の優しい言葉に騙されてしまったのかもしれません。

ちなみに静岡から栃木までの交通費ですが高速バスで2000円程度です。

2000円すら大小原康二容疑者は出すことができなかったのです。


出典 グーグルマップ

スポンサーリンク

インターネットでの意見は

親子の年齢差だよね。
ロリコン気持ち悪い。
女の子もなんでこんなにホイホイついて行ってしまうのか・・・
ニュース見てないのかな?

参照 ヤフーニュース

悩みがある、家出したい、ものすごく深刻なこともあるだろうけどそれなら違うところに相談してほしいし、気持ちはわかるところもあるけど、なんでこういう人のところに行こうとするのか。
心配してくれた、親身になってくれたという気持ちはあるのだろうけど、未成年に家出を促して家に誘い込むなんてろくな人間ではないよ。

参照 ヤフーニュース

これ「連れ去り」か?まぁ、男に下心があったかは別として、女子高生側にも問題があるだろうに。それが危険なことか判断できるはずだし、仮に助けを求められて誘拐扱いされたら、たまったもんじゃない。

参照 ヤフーニュース

高1だったら、SNSで知り合った男性の家に行くとどんな事をされるか位は想像がついてただろう。両親の元で暮すより、見知らぬ男性の元を選ばざるを得なかった境遇に同情する。両親はその辺りを認識しないと駄目。

参照 ヤフーニュース

SNSだけのやり取りでいい人そうだしって信用してしまうある意味危機感のなさ
『知らない人に着いてっちゃダメ』と言う幼少期からの言いつけも、この人は大丈夫と思っちゃう怖さ
これは呼ぶ方も行く方も両方の責任

参照 ヤフーニュース

とかなり厳しい意見が飛び交っている。

確かに被害者の高校生も無防備だったかもしれませんが何もなく良かったです。

出会いの場所が変わってきたこれからは・・・

SNSが巻き起こした事件だが、今回はたまたまSNSなだけで実際は声かけでの誘拐事件は後を絶ちません。

心の隙間にお誘いの声や優しい言葉、どうしてもついてってしまうような宅びな言葉があります。

もっと身近でそんな相談をできる場所ももっと作らないかもしてません。

今や人との出会いの場所がインターネットからの出会いが圧倒的に増えた現代社会。

自分のもう一つ防波堤が必要なのかもしれません。

スポンサーリンク