放送で暴露!夏菜がキスシーンで気持ち悪と感じた俳優とは?

大人気バラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の3月9日放送に夏菜と水野美紀が出演した本音ではしご酒のコーナーで、キスシーンへの愚痴を語り話題となっている。

この企画は、お酒を飲みながら人気の著名人らがダウンタウンと坂上忍らとともに、本音で話す「ダウンタウンなう」の人気企画。

今回の放送では、夏菜と水野美紀がドラマや映画撮影などでのキスシーンへの意見で意気投合する一幕があり本音トークに注目が集まった。

スポンサーリンク

生理的に受け付けない人

ダウンタウンなうの本音ではしご酒に、お酒を妊娠してから禁酒しており約1年半ぶりにお酒が解禁となった夏菜と水野美紀が出演、水野美紀は、

「気持ち悪い相手とのキスシーンは、どう処理してるのか」

という出演者らからの質問に対し、

「生理的に受け付けないくらい嫌だった人はいない」

と答えていたが、夏菜とともにキスシーンの話が盛り上がり、

「口と口がくっついてカットがかかるまでの間、おまえがリードしろや!」

「動けや!」

などと、約1年半ぶりとなったお酒が回って生きたのか撮影でのキスする相手への本音をぶちまけることとなった。

夏菜も水野美紀に賛同

本音ではしご酒でお酒に酔てきた水野美紀がキスシーンについて暴露したのをきっかけに夏菜も禁断のこの話題に参戦。

「わかりますー!。いつまで見てんのや!。」

と、相手にリードしろという水野美紀の意見に賛同した。さらにキスシーンが嫌だった相手とのエピソードを披露した夏菜は、

「我慢ですよ、我慢。気持ち悪! って思いながら、それでもやってます」

と、キスシーンについて我慢しているとの心の叫びが爆発。「気持ち悪」と乗り切ったキスシーンのはずが、監督から、もう1回と言われると、と快く受け入れたフリをしながら、

「ざっけんなよ! と思いながらやってます」

と、嫌な相手とのキスシーンについて撮影の裏ではこんな気持ちでキスシーンに挑んでいるという本音打ち明けた。

スポンサーリンク

夏菜の「気持ち悪」相手は誰?

美麗さん(@nozomu_mirei)がシェアした投稿


出典 インスタグラム


出典 インスタグラム

ダウンタウンなうの本音ではしご酒でキスシーンについて本音を暴露した水野美紀と夏菜。

その放送を見た視聴者は、そこまで嫌だったというキスの相手は誰だったのか?と、ネットやSNSではすぐさま話題となった。

放送後には2人の名前がネットやSNSではすぐに上がり、夏菜とのキスシーンの相手についてピックアップされることとなってしまった。

一人は2012年にヒロインを務めたNHK朝ドラ「純と愛」で風間俊介。もう一人は2013年の舞台「ぬるい毒」では池松壮亮だという。

風間俊介と池松壮亮はそれぞれ夏菜とのキスシーンを披露し、この2人のどちらかもしくは両方と推測をする意見がネットやSNS多かった。

夏菜のサービストークで、キスシーンが嫌だった相手は風間俊介と池松壮亮ではと、何の確証もないのにも関わらずネットやSNSに勝手に名前が上がってしまう事態となってしまた。

スポンサーリンク