長野県飯田市のアパートで男性が死亡?殺人の疑いがあり!死因は?

長野県飯田市のアパートの部屋で男性の遺体が発見されました。

いったいなぜ?

スポンサーリンク

事件の概要

亡くなっていたのはアパートの住人である宮沢道則さんでこの数日間親族が連絡が取れなかったことを不審の思い警察に通報して発見されました。

長野県警飯田署は29日、同県飯田市松尾新井のアパートの一室で、職業不詳、宮沢道則さん(43)が遺体で見つかったと明らかにした。死因は窒息死と判明。同署は、遺体の状況から事件性があるとみて捜査している。

同署によると、宮沢さんは1人暮らしで、遺体が見つかったのは27日午後6時10分ごろ。数日間連絡が取れないのを不審に思った親族が同署に連絡し、署員が遺体を発見した。

遺体は、顔面が鬱血した状態だったといい、同署は詳しい状況を調べている。

参照 産経新聞

報道にある通り宮沢道則さんは窒息死でなくなっており警察は自殺の可能性は少なく事件性が強い見方をしている模様です。

発見された場所は

宮沢道則さんが亡くなっていたアパートですが報道では長野県飯田市松尾新井とされています。

こちらの場所は有名な天龍川下りの場所に近いところになります。

一人暮らしで無職だった宮沢道則さんはどのような生活を送っていたのでしょうか。

殺人事件か?

実際今回は殺人事件なのでしょうか?

警察では事件性が強いということで調査を開始していますがまず宮沢道則さんの死因が窒息死だったことや自殺道具などはなかった、部屋が荒らされていたなどから殺人事件とにらんでいるのではないでしょうか?

ネットでの反応

大石圭先生のホラー小説『死人を恋う』はこの事件を予告している。

参照 ヤフーニュース

ネットでの反応にもある通りなぞが残りますがこちらの事件は続報が入りましたら追記していきたいと思います。

亡くなられた宮沢道則さんのご冥福を祈ります。

スポンサーリンク