松前さくらまつり2019の見どころは?日程やアクセス方法をご紹介!!

春になるとあちこちで桜の開花を知らせてくれますね。

沖縄から北海道まで順番に移動する桜前線は日本人ならではの春の楽しみです。

そんな桜の開花に合わせて全国各地でおまつりが行われます。

なかでも日本最北の城下町として知られている北海道の松前では、「松前さくらまつり」が有名で歴史にちなんだ多彩な催しがあります。

本州よりもちょっと遅めの桜の開花になりGWでも楽しめる、松前の桜を楽しんでみませんか。

スポンサーリンク

松前さくらとは?

松前はいわずと知れた北海道を代表する桜の名所で「桜の名所100選」にも選ばれています。

約1ヶ月もの間楽しめ早咲きの桜もあれば遅咲きの桜もあり、合計1万本、250種類の桜を満喫することができます。

なかには松前だけでしか見られない珍しい種類の桜もありますし、意外な絶景スポットとして津軽海峡を眺めながら見る桜は本当におすすめです。

スポンサーリンク

松前さくらまつりのイベントは?

ただ桜を眺めるだけではなく、GWを中心にバラエティに富んだイベントもたくさんあり、武者行列や松前神楽・茶会なども行われますし北海道の函館グルメを存分に楽しめます。

松前さくらまつりの開会とともに武者行列が始まるのですが、松前藩をイメージした甲冑を着て行進します。

迫力満点の姿に思わず見入ってしまうかも。

また松前城の前にある広場では、無料の振る舞いもちを配っているので立ち寄ってみるのをおすすめします。

また5月4日には、神輿が公園内を歩き、幼児がかわいい衣装を着て行進する姿も楽しめます。

他にも地元のラジオ放送や、書道パフォーマンス、松前音頭、桜ビューティーコンテスト、俳句大会、フォトプレゼントなどもあり、お祭りが行われている間は何度でも訪れたくなるほどさまざまなイベントをしています。

他にも松前さくらまつりの会場内にある、5箇所のスタンプを集めると、オリジナルの桜卓上カレンダーがもらえるなど記念品を受け取れる場合も。家族で桜を眺めにきたいい思い出になりますね。

イベントの内容はその年によっても内容が異なりますので、事前にタイムテーブルを確認しておくと安心です。

イベントの内容に合わせて訪れるようにするといいですね。

松前まつりのおすすめグルメは?

松前町特産の新鮮なうにやあわびなどが手頃な価格で楽しめるのも、松前さくらまつりならではです。

本場の松前焼きやお菓子などの限定グルメも楽しむことができたり、美味しいお酒とともに楽しめます。

北海道は海産物が本当に美味しいですし、絶品グルメを片手に桜が眺められるなんてとても贅沢な時間だと思いませんか。

ただし松前は海岸沿いの町になるので、朝晩はもちろん昼間でも10℃いくかいかないかの寒い気候ですので、暖かくしてお出かけください。

View this post on Instagram

松前桜まつりの食べ物シリーズの続きです🎵連続投稿すいません🙇‍♂️ ウニ丼は小ぶりですが、ウニが結構たくさん😋✨ とろけます🤤 そして子どものころ大好きだったフレンチドッグが…😂 お祭りでは砂糖にすると決めています! やっぱり美味しい🎵 どうなんでしょ?砂糖は邪道なんですかね? それにしても朝昼兼用とはいえ…食べすぎ😅 #松前#松前さくらまつり #ウニ丼#フレンチドッグ#アメリカンドッグ#ウニ#1000円#たっぷり#函館#松前グルメ#花より団子#hakodate#matsumae#hokkaido#japan#seafood#instagood#instafood

Hedgehogさん(@hedgehog423)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

松前さくらまつり2019の場所や日程は?

日程 4月27日(土)~5月15日(水)

※土日祝は混み合います

時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)

時間はイベントの内容によって異なります。、

松前公園内は24時間出入りができるので、いつでも桜を楽しむことができます。

場所 松前公園周辺

松前藩屋敷

料金 松前公園は入場料無料

松前藩屋敷:大人360円、小中学生240円 ※幼児は無料

松前さくらまつり2019のアクセス方法は?

車でのアクセス

松前まではJR函館駅から一般道路を利用して約95km、車で移動すること2時間ほどです。

北海道の場合、松前さくらまつりまで車を使って移動する人が多いと思います。

普段なら駐車場が無料になるのですが、まつりの期間中は有料になります。

1日1台につき500円です。

公園内に1000台収納できる駐車場がありますので、ここに止められます。

週末の土日であっても十分な大きさの駐車場になるので入れるはずですが、GW中は駐車場がいっぱいになったり、渋滞も考えられますので早めに移動するのをおすすめします。

せかっく行ったのに満車で止められなかったなんてことになったら嫌ですよね。

交通機関をご利用の場合

公共機関の電車を利用する場合は、JR函館駅からJR函館本線に乗り約60分、木古内駅で下車します。

木古内駅からはバスに乗車し、松前城バス停下車します。

バス停からは7分ほどで到着します。

駅からは多くの人が松前公園に行くので、人の流れに乗って移動すれば迷ってしまうこともありません。

バスツアーがおススメ

祝日や土日限定で日帰りバスツアーなども行われています。

例えば「函館バス」の松前さくら号はGWに当たる4月28日~5月6日の毎日運行していますし、「北部交通」の松前桜紀行では4月後半~5月中旬の土日に運行しています。

函館から松前さくらまつりの会場に移動できるツアーなのでかなりお得です。

スポンサーリンク

松前さくらまつりで絶対に見逃せないスポット

松前さくらまつりでは、同じ桜でも品種によって全く異なる、色や形を実際に見て楽しむことができます。

桜の個性を見比べながらお気に入りの桜を探してみるのもいいですね。

他にもこんな見どころがありますので、ゆっくりと時間をかけて楽しむようにしてください。

なかには早朝の時間も楽しむために、宿泊して松前を存分に満喫していく人もいるのだとか。せっかくなら松前を楽しみたいですね。

1. 松前城

松前公園の中にそびえている城です。

親しみを込めた名前として松前城と呼ばれているのですが、本当の正式な名前は「福山城」といいます。

1854年に日本最後の城として作られたものになり、1961年(昭和36)に今の形に復元されました。

桜とお城の組み合わせを楽しめますし、なかは資料館になっているものの松前の歴史を知るきっかけになるはずです。

真っ白なお城に桜がとても映えるので美しい光景が広がります。

松前城が華やかな雰囲気になります。

2. 夫婦桜

松前城の東側にある天神坂には、夫婦桜と言われる有名な桜の木があります。

1本の木の幹から日本の定番の桜である「ソメイヨシノ」と北海道のメインの桜としても知られる「南殿」が寄り添うような形で桜を咲かせています。

まるで夫婦が寄り添うように見えることから、松前城のパワースポットとして知られています。

「三大名木」にも指定されています。

3. 松前藩屋敷

松前公園から徒歩15分程度移動した場所にある、松前の中でも代表的な観光スポットです。

藩政時代の松前を再現した、いわゆるテーマパークになり14棟の建物からできています。

武家屋敷や奉行所・商家・旅籠などの建物があるので、見て歩くだけでもまるでタイムスリップしてしまったかのような気持ちになります。

武士の姿体験ができたり体験コーナーなどもあるので、松前に訪れた記念に立ち寄ってみるといいですね。

他にも龍雲院・法源寺・菩提寺・墓所など5つの寺が現存しています。

4. 血脈桜

三大名桜の1つになり推定樹齢は300年以上になります。

血脈とは極楽浄土に行くための証文とも言われています。

かつて不思議な出来事があり木の精霊が乙女の姿になって現れたと言われ、今では伝説として残っています。昔から今まで盛大な桜が咲き誇る絶景が広がります。

GWに満開になることが多いので松前さくらまつりの見どころともいえるのではないでしょうか。

存在感も抜群なので松前公園内を歩いていると見つかりますよ。

正確には光善寺のなかにあり里桜とも呼ばれています。待つ前のルーツになった桜でもあり代表する桜の木です。

スポンサーリンク

まとめ

北海道唯一の城下町でもある松前で、250種類にもなる色とりどりの桜を楽しめる人気のスポットです。

5月の北海道はちょうどいい気候になり過ごしやすい時期ですし、桜を眺めながら美味しいグルメや松前城・松前藩屋敷などの歴史的な建造物も一緒に観光できるといいですね。

その年によって桜の開花する時期も異なりますので、桜の便りをこまめに確認するようにしてくださいね。