松井秀喜が甲子園始球式に登場!!第100回全国高等学校野球選手権記念大会の見どころ

8月5日、甲子園球場で夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会が開幕しました。

今年は100回大会ということで「甲子園レジェンド始球式」が毎日行われるようです。

星稜対藤蔭の開幕戦の前に元大リーガー、ヤンキースの松井秀喜が始球式に登場。

松井秀喜は星稜OB、後輩たちの前でどんな球を披露してくれるのか!!

スポンサーリンク

レジェンド松井秀喜の始球式

出典 YouTube

始球式のマウンドに立った松井秀喜のボールはワンバウンドでミットに収まった。

投球後は頭を抱えて苦笑い、それでも観客席からは大きな声援があり、松井秀喜は「甲子園の魔物に襲われた」と語りました。

また、100回記念の甲子園大会に呼んでいただいたこと、素晴らしい舞台で始球式を行えたことに感謝するとも言っていました。

松井秀喜と甲子園

1992年の第74回大会で星稜高校3年生だった松井秀喜は明徳義塾との2回戦で5打席連続敬遠をされてしまいました。

5打席敬遠というのは戦略的にはありかもしれませんが、やはり当時は勝負させてあげてほしいと思い、腹立たしい気持ちになったのを覚えています。

松井秀喜はあの夏の甲子園を振り返り、5打席連続で敬遠されたことは自分の人生にとってプラスになった。5打席連続敬遠されたという事実にふさわしい打者に成長しようと思ったと語りました。

さすが、大リーガーまで上り詰めて選手だとあらためて思いましたね。

甲子園レジェンド始球式の選手は

始球式の日程と選手たちは下記になります。

5日   松井秀喜(星稜)

6日   石井毅(箕島)

7日   定岡正二(鹿児島実)

8日   牛島和彦(浪商)

9日   平松政次(岡山東商)

10日  谷繁元信(江の川)

11日  水野雄仁(池田)

12日  本間篤史(駒大苫小牧)

13日  坂本佳一(東邦)

14日  中西清起(高知商)

15日  安仁屋宗八(沖縄)

16日  板東英二(徳島商)

17日  金村義明(報徳学園)

18日  中西太(高松一)

20日  第1試合 桑田真澄(PL学園) 第2試合佐々木主浩(東北)

21日  太田幸司(三沢)井上明(松山商)

スポンサーリンク

第100回大会高校野球の見どころ

①甲子園レジェンド始球式の開催

②始球式一人目は松井秀喜登場

③代表校は史上最多の47都道府県56地区からの出場

④KKコンビを超すか!大阪桐蔭の藤原選手と根尾選手

⑤注目!外国人の父を持つ横浜高校 万波中正選手

⑥「大阪桐蔭には負けないぞ」と語る智辯和歌山の林晃汰選手

⑦松井秀喜の母校、星稜高校の竹谷理央選手

まだまだ見どころ満載な第100回大会の甲子園、今年の優勝校はいったいどこになるのでしょうか。

将来のプロ野球選手、大リーガーがいったい何人生まれるのでしょうか。

スポンサーリンク