給食でも問題が・・・大丈夫か?これからを背負う子ども他の食生活は・・・

皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

小学校、中学校でのお昼といえば給食を。

時間になると給食当番が運んできて生徒に配布され子ども達の楽しみではなかったのでしょうか。

そんな給食も今では・・・


スポンサーリンク

給食の今と昔

onigiri

日本で学校給食が始まったのは1889年の明治時代、山形県の私立小学校と言われています。

それまではお弁当持参だったのですが家庭の事情や貧困などの問題でお弁当を持ってこれない児童が多くいたため学校側で食事を用意したと言われています。

メニューは今では考えられませんがおにぎり、焼き魚、漬物と大変シンプルなものですが当時の子どもたちは大喜びだったようです。

昭和に入り給食は激変

その後給食は子供たちに大人気で日本全国に広まっていきました。

そして昭和に入り第2次世界大戦敗戦後給食に歴史が激変します。

文部・厚生・農林三省次官からの通達で本格的な給食が昭和21年(1946年)からスタートしました。

昭和22年には全国学校で給食が始まり戦争で負けたアメリカからの配給の脱脂粉乳が使用されるようになりました。今では牛乳が当たり前ですが。

脱脂粉乳(だっしふんにゅう)は、生乳や牛乳または特別牛乳の乳脂肪分を除去したものからほとんどすべての水分を除去し、粉末状にしたもの。脱粉(だっぷん)と略称されることがある。

参照 ウィキペディア

昭和29年には学校給食法の法律が定められ食事も教育の一部として扱われていくこのになりました。

その後高度成長期に入り給食のパンの代名詞だったコッペパンから揚げパン、ソフト麺などに変化していきます。

昭和51年からはお米が登場。米飯給食が始まりメニューも格段に増えています。

現在の給食

kyuusyoku

出典 大網白里市

現在の給食といえばかなりハイレベルな給食ともいえるのではないでしょうか?

レストラン顔負けなメニューも多いですし、実際味も昭和時代とは比べものにならないですね。

もちろん栄養バランスも考えた料理ですし。

ハイレベルな給食なのにまずい!?

そんな楽しみな給食ですが現在大変な問題も抱えています。

本来美味しくて栄養がある給食ですが生徒が残すという問題も

給食がまずい学校として、不名誉な名を全国に轟かせてしまったのは、神奈川県大磯町にある町立大磯中学校と国府中学校。2016年1月から、外部の民間業者に委託するデリバリー方式を採用し、工場で製造した給食を配送して生徒に提供しているが、これがまずいと悪評だらけ。

まずいだけではない。導入当日から髪の毛やビニール片などの異物混入が報告され、大磯町によれば今年7月までに確認されただけで84件。そのうち15件が、業者の工場で混入していたとされる。
参照 ヤフーニュース

実際に学校側で起こってることは大問題である。

今後の給食に求めることは

kodomunoegao

食を通じての教育のはずがただ出すだけではないかと思われることが多いはずではないでしょうか。

もう1度未来ある子供たちの事を考えて取り組んでいくことが必要ではないでしょうか?

人任せにするのではなく。

子どもたちの笑顔を作る給食を。

スポンサーリンク