Kiroroが活動再開!歌うと子供が泣いた「やはりこれではいけない」

数々のヒットで知られる沖縄出身の女性デュオKiroro(キロロ)がデビュー20周年となる来年1月24日に本格的に音楽活動を再開する。

約13年ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム「アイハベル」を発売することを発表したKiroroha、このアルバムで音楽活動を本格的に再開し、来年5月から5都市を回るツアーも決定している。

Kiroro


出店 ユーチューブ

玉城千春(たましろちはる・ボーカル担当)と、金城綾乃(きんじょうあやの・ピアノ・キーボード担当)が結成した沖縄県中頭郡読谷村出身の女性デュオとして人気となったKiroro。

玉城千春と金城綾乃はそろって2005年に結婚。ともに3人の子宝に恵まれ地元沖縄県で子育てをしながら活動再開の準備をしていたようだ。

2009年のシングル「みんなあなたを愛してる」以来のKiroroの新曲発表に注目が集まっている。

音楽活動再開を決意

Kiroroのボーカル玉城千春は2001年にのどを痛めた影響が残り、音楽への情熱を失いかけたこともあったそうだ。

玉城千春はボーカルの命であるのどを痛め、沖縄に戻ったとき、

「これで終わってもいいかも」

と、Kiroro・自身の音楽活動をこれで終わりにすると感じていたようだ。

その後、子育てを行いながら自身の曲はおろか童謡すら歌わなかったという。しかし、そんな中2008年ごろに今の自分と向き合い、

「やはりこれではいけない」

と思ったようだ。ある日、ヒット曲「未来へ」を子供の前で口ずさんだところ子供たちが泣いたという。

その体験を機に再び歌うことへの挑戦としてレッスンを受け、2014年からKiroroとして2人でステージに立つようになったそうだ。

Kiroro音楽活動再開

ボーカル担当の玉城千春は、活動を再開するにあたり、曲作りや活動再開に向けての準備について、

「勘は鈍るもので、曲作りに集中するということがまず関門でした」

とコメントしている。キーボード担当の金城綾乃も子育てを行いながらのKiroroとしての活動再開に、

「子供が学校に行ってる間、そして寝てからという練習では間に合わず、ピアノを弾いてると『音読するから聞いて!』『プリント丸付けして』トホホ…と思いながら、でもそれも今の私かなと思い、練習してました」

と、子育てと音楽活動再開に悪戦苦闘していたようだ。

「母としては雑かもしれません。音楽家としては中途半端かもしれません。でも今を一生懸命生きる、今しか書けない、今だから書ける内容になった」

と、ボーカル担当の玉城千春は母になり今だから書けるそんな曲などを発表していくとコメントしている。

結婚・子育てを経験し、本格的に音楽活動再開したKiroroの心に響く新たな歌詞に注目したい。