今年もついにやってくる!サッカー界のレジェンド【カズの涙】

masaka

今年もやってくる10月28日。ドーハの悲劇!!

サッカーファンなら誰しもが知る10月28日の出来事。

サッカーの世界的祭典「ワールドカップ」だが、当時の日本はまだ出場したことがなかった。

そんなワールドカップ初出場に燃えた1993年10月28日、後一歩でつかみかけた切符がするりと・・・その時選手たちは。


スポンサーリンク

忘れもしない10月28日

日本はこれまでワールドカップに出場したことがありませんでした。

1998年の大会に臨んだメンバーは当時Jリーグを魅了していた一流スターばかり、エースナンバーにカズこと三浦知良を筆頭に司令塔にはラモス瑠偉、守りのかなめのキーパーには松永成立、そしてキャプテンには柱谷哲二と豪華メンバーで挑んでいます。

日本はアジア予選を見事勝ち抜き最終予選にコマを進めました。

最終戦まで本線出場はもつれ日本は勝てば初出場の切符を得ることができるところまで来ていたのですが、まさかの引き分け。

試合は日本優勢で進んでいました。前半が始まってすぐにカズのヘディングシュートで先制すると、後半1度は負いつれるもののカズのライバルでもあったゴン(中山雅史)がシュートを決め2-1で日本中誰もが勝ったと思っていたのではないでしょうか?

しかし悲劇はそこからやってきました。試合終了まじかのロスタイムにまさかの失点。日本チームの選手のほとんどが愕然と膝をおとして試合終了のホイッスルがスタジアムに鳴り響きました。

ライバルだったサウジアラビア、韓国はともに勝ち、残念ながら日本は得失点差で残念ながら初出場の夢は異国の国でなだれ落ちてしまったのです。

これがまさにドーハの悲劇と言われているものになります。


出典 毎日新聞

エースカズの涙

そんな選手たちが宿泊していたドーハ―のホテルのロビーには帰路に立つ選手たちが集まってきていたがアルコール集も漂っている状態だった。

日本選手の誰もがワールドカップ初出場を目の前にしてするりと逃げた切符、アルコールなしではいられなかったに違いない。

一方カズはアルコールが苦手なためアルコールの匂いはしないものの悔しさのあまり目は真っ赤に充血しておりどの選手も声をかけれる状態ではなかったがそんな数からポロリと一言

「成田空港に帰ったら、トマトかな……」

参照 ヤフーニュース

カズの頭の中には以前イタリアの代表がワールドカップで北朝鮮の敗退の時ファンから猛烈なバッシングとトマトをぶつけられるという出来事があった事を思い出していた。

実際は・・・

日本に帰国した選手たちを迎えていたのはトマトではなく大声援だった。

惜しくもワールドカップの切符はつかむことはできなかったが日本国民の感度を与えた試合だったことは言うまでもない。

当時、スポーツ紙でサッカー担当記者を務めていた筆者は、彼らに日本の状況を伝えようと、編集部からファックスで送られてきた10月29日付けの紙面をカズに見せた。1面にはまさかの結末が大々的に伝えられ、そして2面と3面は見開きの形で上部に大見出しが連なっていた。

「胸張って帰って来い 忘れないこの感動」

次の瞬間、カズが目頭を押さえ始めた。
出典 ヤフーニュース

あまりにも手暖かい言葉にカズは涙をこらえるのに必死だった。

その後のカズは

1993年から始まったJリーグを皮切りに日本代表もめきめきと力を付けていく中カズの存在はやはり大きかった。

日本サッカーの一時代を築いたカズはじめ代表メンバーたちは見事1998年のフランス大会でワールドカップの出場の切符を手に入れている。

あれから24年

kazu_profile_01

出典 三浦知良オフィシャルサイト

ドーハの悲劇から24年がたったがカズは何度もケガや移籍を繰り返しているもののまだ現役でスタジアムを駆け回っている。

そんなカズもレジェンドになっても日本代表を目指しているとはまさにサッカーの申し子ではないだろうか?

あの悔しかったドーハ―の悲劇を取り返したいと思ってるのではないでしょうか?

レジェンドカズがあのピッチに立つことはあるのか。

スポンサーリンク