川島それはないって!日本代表川島ウィキは書き換えられるなど批判集中から一転

開幕前での監督解任・成績フィ心などの下馬評を覆し、大躍進を遂げたサッカー日本代表。

コロンビア戦ではフリーキックから失点をしてしまい批判され、第2戦のセネガルとの試合では相手のシュートをなぜかパンチングし、弾いたボールがエースのサディオ・マネにあたりナイスアシストと言わんばかりのゴール。

これには世界中のメディアも日本代表・川島への批判が集中していた。

スポンサーリンク

日本代表川島への批判ネットで集中

コロンビア戦・セネガル戦とW杯での度重なる失点に、イギリスのメディアは辛辣な評価を下している。

川島もセネガル戦での失点は自身のミスであることを認め批判はSNSでも大炎上することとなった。

「今大会最低のGK」

「川島は日本人ではなく、相手国の人」

などと、SNSやネットでは手厳しい意見が続出。さらにインターネット百科事典「ウィキペディア」の川島の項目が次と書き換えられる事態になった。

職業はボクシング選手、ポジションはゴールライン後ろ、リーグ・アンのFCメス所属。
セネガル代表などと次々に書き換えられ大炎上し祭り状態となった。

スポンサーリンク

「大迫ハンパないって」⇔「川島それはないって」対義語

第1戦のコロンビア戦では、コロンビア代表・キンテロが直接FKで放ったグラウンダーのシュートに飛びつくも、捕球しきれずゴールを許してしまった川島。

一方で大活躍し、日本代表のキープレーヤーとなった大迫。SNSやインターネットでは、今話題の「大迫ハンパないって」の対義語として「川島それはないって」という言葉が登場した。

大迫半端ないっての対義語「川島それはないって」も無視できないものとなった模様だとSNSやネットでは大騒ぎとなっていた。

スポンサーリンク

セネガル戦を終えた日本代表

サッカー日本代表は28日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループHのポーランドと対戦し0-1で敗れた。

この試合で日本代表は決勝リーグへコマを進めることが出来たが、各国メディアの批判が相次いだ。

そんな中、試合終盤のプレーについてドイツメディアはGK川島永嗣のパフォーマンスを高く評価した。

このセネガル戦の試合では、川島は試合を通して好セーブを連発。ドイツ誌『キッカー』の記者にとっては、とりわけ32分にFWカミル・グロシツキのヘディングシュートを阻止した場面が印象深かったようだ。

「2」と両チーム単独最高点を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出。

「彼は前半、センセーショナルなセーブを披露して失点を防いだ。ハーフタイム後も安定したプレーを見せ、日本の決勝トーナメント進出の立役者となった」

と、ポーランドとの決戦でより早い時点に1点を取られなかったのは川島のおかげだとそのパフォーマンスを称賛した。

最終的に、このGKは頼れる存在として日本の決勝トーナメント進出を確実にしたと寸評している。

ウィキペディアで大炎上し、SNSやネットでは「川島それはないって」と非難が集中していた川島だが、ポーランド戦の活躍で日本代表ファン納得の仕事を確実にこなし批判から一転世界中から評価。

ベスト8がかかる運命の決勝リーグ初戦であるベルギー戦での活躍に注目が集まっている。