加藤竜太容疑者逮捕!顔画像は!?やりて不動産会社の社長の詐欺の手口

やりて不動産会社経営の加藤竜太容疑者を詐欺の疑いで逮捕ししました。

その手口とは警官や金融庁を名乗ってのキャッシュカードなのの強奪!

加藤竜太容疑者は表の顔は不動産会社経営だが裏の顔が・・・

スポンサーリンク

事件の概要

実は加藤竜太容疑者は不動産会社経営とは別の裏の顔がありました。

実は加藤竜太容疑者は振り込め詐欺グループのリーダでもあったのです。

警察官などを装い、キャッシュカードをだまし取り、現金を引き出していた疑いで、詐欺グループのリーダーの男が、警視庁に逮捕された。
不動産会社社長で、詐欺グループのリーダー・加藤竜太容疑者(37)は、2017年10月、警察官などを装い、50代の女性に対し、「あなたの銀行の預金が引き出されたかもしれません」などとうそをついて、キャッシュカード3枚をだまし取り、およそ180万円を引き出した疑いが持たれている。
加藤容疑者は、2017年5月から10月にかけて、同様の手口で300枚以上のキャッシャカードをだまし取っていて、被害額は、8,000万円以上にのぼるとみられている。
警視庁は、加藤容疑者の余罪を追及するとともに、グループのほかのメンバーの行方を追っている。

参照 FNNニュース

警察官を装っていたとありますが加藤竜太容疑者グループはどのような服装で女性に近寄って行ったのでしょうか。また警察官手帳なども準備していたのでしょうか。

加藤竜太容疑者の顔画像

逮捕された加藤竜太容疑者の顔ですが早速ですが報道に出ています。

出典 FNNニュース

加藤竜太容疑者は警察官に連行されていますが全く反省の色が浮かべられません。

念のためSNSなどで本人を検索してみましたが本人と断定できるものは見つかりませんでした。

詐欺グループのリーダですから自ら自分を公の場所にさらすことはしないのではないでしょうか。

フェイスブックの検索結果はこちら

表の顔だった不動産会社の場所は

東京都江東区有明の不動産会社と報道されていましたのでいろいろ調べていると多分ここで加藤竜太容疑者は会社経営をしていたのではないでしょうか。

もしかしたら詐欺グループのアジトだったのかもしれません。

会社名は株式会社 福楼不動産で簡単なホームページもありますがあまりにも簡単すぎて単なるダミー会社なのかもしれません。

福楼不動産のホームページはこちら

スポンサーリンク

加藤竜太容疑者の詐欺の手口とは

今回の事件はまずは警察のふりをして電話をかけ女性をおびき寄せ金融庁職員を装って被害者からカードを奪い現金を引き出すといういわゆるオレオレ詐欺の犯行です。

加藤竜太容疑者は数十人を引き連れたリーダでしたが仲間のうち8人が昨年やはり詐欺の疑いで逮捕され今回加藤竜太容疑者に警察は目をつけていました。

オレオレ詐欺を含む特殊詐欺の状況

平成29年の特殊詐欺全体の認知件数は前年に比べて約29%増加、被害総額は約4%減少しました。
被害総額は、振り込め詐欺約373.7億円(警察官等をかたってキャッシュカードを直接受け取る等の手口で、事後ATMから引き出された金額を加えた実質的な被害総額)と振り込め詐欺以外の特殊詐欺約16.6億円を合わせて約390.3億円となっています。

参照 https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/higaijoukyou.html

インターネットでの反応は

オレオレ詐欺って結局被害額に対してどれくらい
被害者の元に戻ったのかまできちんと報道しないといけないんじゃないかな。
中には警察が捕まえてくれれば全額戻ってくると信じている
お年寄りは多いだろう。
実態を報道することで、危機感を持たせることもまた、
抑止に繋がるのではないかと思う。
また、いまだにオレオレ詐欺で年間数十億の被害が出ている以上、
警察や行政は今までよりもっと踏み込んだ防止策を取らないといけないのではないだろうか。

参照 ヤフーニュース

確かにお年寄りなどは捕まれば全部帰ってくると思っている人も多いのではないでしょうか。

現実を報道では伝えたほうがいいかもしれません。

資金は裏家業で稼いで、表の不動産業できれいにしていたわけだ。
とんでも悪党だな。

参照 ヤフーニュース

もしかしたらそうなのかもしれません。

ホームページにしてもあまりにも簡単すぎてますから。

一向に減らない詐欺事件ですがいつも被害にあうのはお年寄りか藁にもつかまりたい弱者ばかり。だまされる方がが悪いともたまに出ていますが詐欺師は巧みな言葉で近寄ってきます。

人間はその巧みな言葉についつい騙されてしまうので気を付けなければなりませんが一向に減らない詐欺事件に対し警察も監視など強化する必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク