片山晋呉 記者会見で!!プレー中にパッティング練習!!不適切な行為を謝罪!!青木功と石川遼も同席!!

プロゴルファーの片山晋呉が記者会見で謝罪しました。

日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマで同組の招待客に不愉快な思いをさせた件。

プレーを断念させてしまったことへの謝罪会見です。

スポンサーリンク

招待客をを怒らせた経緯

5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマとのゴルフ中に起こったことです。

片山晋呉と同じ組で回っていた森ビルの招待客が片山晋呉の態度に激怒し、わずか3ホールでプレーを中断して帰ったようです。

片山がポケットに手を入れたまま話をしたり、グリーン上で客がまだプレー中だというのに、パッティングの練習をしていたことに激怒したと報道されていました。

謝罪会見では片山晋呉は何を語ったのか?

6月27日、片山晋呉が5月30日の件に対し記者会見で謝罪したようです。

「このたびは一緒にまわられた同伴競技者に対し、不快な思いをさせたことに対して本当に申し訳なかったなという思いでいます。本当に申し訳ございませんでした。
また、ゴルフをすべて支えてくださっている関係者、ファンの皆様、本当にこうした騒ぎになってしまい申し訳なかったと思っております。」と謝罪しました。

片山晋呉は当面の間、ツアーは自粛するということです。

記者会見の画像です。黒いスーツに身を包んだ片山晋呉です。

出典 FNNPRIME

当日の言動について同席のJGTO理事が語った

詳しい内容があらためてJGTO理事の野村修也理事から発表されたました。

アマチュアゴルファーがまだパッティングが終わっていないのに、同伴者の了解を得ずパット練習に終始したことが問題、また今回、途中でプレーを中断された方は今まで何度も参加されている方のでこれまでのプロとはまったく違った態度に憤慨されたということを語られました。

しかし、一部報道で言われているような侮辱的な発言や暴言を吐く行為などは一切取っておらず、むしろ、すみませんという対応をしていたということです。

処分に関してはすでに課せられている30万円に加え、厳重注意の処分ということです。

記者会見には青木功と石川遼も同席

出典 GDO

青木功会長は今回の問題に対し、このようなことが起こって大変、残念でありません。いろいろな意見は会長である私が受け止める決意ですと語ったようです。

石川遼選手会長も片山晋呉より先に発言し、プロアマが一緒にスポーツができるのはゴルフの良さで、その期待を裏切る結果になってしまった。

ゴルフ人口が減少の中、今後もっとゴルフが魅力的なものに映るように一層、努力していきたいと語りました。

スポンサーリンク

インターンネットの反応

全く心のこもっていない会見。
本当の人間性は、起こしたこと、起きてしまったことよりもそのことにどう対応したかが大事なんだよ。
ゴルフの腕は一流かもしれないが、あとは・・・・・・・

参照 ヤフーニュース

この会見も不適切です
さすがお坊ちゃん、この年齢でこの会見での発言は質が乏しい

参照 ヤフーニュース

選手会長の方がよっぽど人格者。
いい歳おっさんなのに恥ずかしいやつ

参照 ヤフーニュース

まとめ

今回、片山晋呉が同伴者のパッティングの際にパット練習を行っていた行為は初めてでなくこれまでも行うこともあったと言っていました。

これまでの一緒に回ったアマチュアの同伴者の方は特に一緒に回れることだけでもありがたいと思って何も言わなかったのかもしれませんが、今回はそうはいかなかったようですね。

今回の大会で片山晋呉以外のプロも練習を行っているプロがいたようですが、タイミングや方法、同伴者の了解をとるなどの配慮があったと考えられます。

また、同伴者が激怒して3ホールでプレーを止まてしまった時、片山晋呉はなぜなのかわからなかったということです。

片山晋呉にとっては普段からあたりまえにやっていた行為だということですね。

石川遼も言っているようにゴルフが魅力的に映るように努力していってほしいと思います。

スポンサーリンク