鹿嶋 学容疑者の顔画像とフェイスブックは?14年前の女子高生殺人事件の犯人逮捕!!鹿嶋 学容疑者に妻と子供はいたのか?は

女子高生殺人事件の犯人が逮捕された!!

迷宮入りかと思われた事件が・・・

14年たった今、なぜ見つけ出せたのか?

スポンサーリンク

事件の概要

2004年10月、広島県廿日市市で女子高生が鹿嶋 学容疑者に刃物で刺されて殺された事件です。

この事件は、山口・宇部市の元会社員・鹿嶋 学容疑者が、2004年10月、廿日市市の住宅で、当時高校2年生だった北口聡美さんを、刃物で刺して殺害した疑いで逮捕されたもの。

参照 FNNニュース

鹿嶋学容疑者は山口県に住んでいるということですが、なぜ広島で事件をおこしたのでしょうか。

新聞などの報道ではバイクに乗り、通りすがりの犯行ということです。

なぜ逮捕できたのか?

迷宮入りかと思っていた事件の犯人をなぜ見つけることができたのか。

4月3日に勤務先で鹿嶋学容疑者が同僚の勤務態度に腹を立て、暴力をふるったため、暴行容疑で逮捕された。

その際、指紋を採取され14年前の事件現場に残されていた指紋と一致し、鹿嶋学容疑者の逮捕につながった。

鹿嶋学容疑者の顔画像

鹿嶋学容疑者の連行されているところが報道されていました。

出典 FNNニュース

SNSを検索してみたところフェイスブック上で同姓同名と思われるアカウントがありました。

本人と断定することはできませんのでここでは控えさせていただきます。

フェイスブックの検索はこちら

鹿嶋学容疑者のプロフィール

名前:鹿嶋 学(かしま まなぶ)

年齢:35歳

職業:会社員

住所:山口県宇部市

鹿嶋学容疑者の妻や子供は?

鹿嶋学容疑者に妻や子供がいたかどうかはまだわかっていません。

フェイスブックで結婚している情報がありましたが、鹿嶋学容疑者のアカウントと断定することはできませんので、こちらでは控えさせていただきます。

事件のあった場所

事件のあった広島県廿日市市上平良です。

出典 NNNニュース

事件のあった広島県廿日市市上平良の地図です。

スポンサーリンク

事件に使用した凶器は?

鹿嶋学容疑者が殺害に使った凶器が鹿嶋学容疑者の自宅から見つかったようです。

捜査関係者によると、鹿嶋容疑者は「自宅にあったナイフを凶器として使った」という趣旨の供述をしているという。事件には刃渡り10センチぐらいの刃物が使われたとみられ、警察は鹿嶋容疑者の部屋から小型のナイフを押収した。警察はこのナイフが犯行に使われたものかどうか慎重に裏付けを進めている。

参照 NNNニュース

鹿嶋学容疑者の山口県宇部市の自宅です。

出典 NNNニュース

警察が鹿嶋学容疑者の自宅からナイフを押収したようです。

出典 NNNニュース

鹿嶋学容疑者の父親が心境を語る

凶暴性はあったのか?との取材に対し、鹿嶋学容疑者の父親は引っ込み思案な性格でとてもそんな人間とは思えない。

また被害者の両親に対し、何と言っておわびしていいかわからないと語ったとのことです。

鹿嶋学容疑者の勤務先の社長のコメント

鹿嶋学容疑者の勤務先の社長は真面目な勤務態度で信頼していたと語っていて、裏切られたような気持ちだと言っています。

鹿嶋学容疑者の逮捕から一夜明けた14日、勤務先の土木会社社長(39)が取材に応じ、13日付で容疑者を解雇したことを明らかにした。14年近く、無断欠勤などもなく真面目に勤務を続けていた半面、事件への関与をうかがわせるそぶりを一切見せなかっといい、社長は「信頼していた。許せないというか、裏切られたような気持ちだ」と話した。

参照 産経WEST

インターネットの反応

30代半ばの息子に対して甘そうな親。親が引っ込み思案で気が弱いと思っていた息子には親の知らないもう一つの残忍な顔があったということだ。

参照 ヤフーニュース

山口県内で起こした暴行事件によって、指紋とDNAが一致し逮捕につながったわけだけど、こういう犯人って同じような犯罪を繰り返すものなんですね。

参照 ヤフーニュース

「通りすがりでやった」
それが本当なら、他にも何かしているのでは、と不安になります。
被害者のご遺族は無念だと思います。

参照 ヤフーニュース

極刑に処されなければ、被害者の方も遺族の方々も報われない・・・

参照 ヤフーニュース

まとめ

殺人を犯して普通に生活を送っていて周囲からも真面目でおとなしい人と思われていたなんて、怖いですね。

通りすがりに人を殺すような人間が真面目なはずはないのですが・・・

父親も取材に答えて、引っ込み思案な性格で人を殺すような人間とは思えないとか言っていますが、そんな言葉が出ることが腹立たしいです。

別の暴行事件で捕まったことで発覚しましたが、事件が迷宮入りにならなくて本当によかったですね。

この事件についてはもう少し調べて追記していきます。

詳しいことが分かり次第、発信していきたいと思います。

スポンサーリンク