加圧シャツってなに?本当に筋肉がつくのが知りたい!

通販サイトやバラエティショップの店頭などで最近見かける「加圧シャツ」が気になっている人もいるのではないでしょうか。

着るだけで筋肉がムキムキになるなんていわれたら、男性のみならず気になってしまいますよね。

そもそも加圧シャツはどんなもので、本当に効果があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

加圧シャツとは?

出典 アマゾン

加圧シャツとは、体に圧力を加えることで着るだけでトレーニングをしているような効果を得られる機能性を持ったシャツのことをいいます。

競技用のスポーツウェアなどに使われるスパンデックスと呼ばれる素材を使用しています。

一言にシャツといっても中に着るインナーシャツのようなものが多くメーカーによって形に多少の違いがあります。

日常生活の中でインナーとして気軽に取り入れられることもあって、ワイシャツの下に着たりパジャマの下に着たりして着る時間帯を選びません。

すごいのはインナーとして着るだけでも24時間トレーニングをしているような効果を得られるとも言われています。

名前は似ていますが加圧トレーニングには全く違うものです。

加圧シャツの効果とは?

加圧シャツの効果はその商品によっても多少の違いはありますが、共通して鍛えられる部位がありますので、効果としてご紹介します。

お腹の引き締め

加圧シャツにはお腹周りの腹横筋を鍛える効果があるので、お腹周りの脂肪を引き締め、筋肉を鍛えることに繋がります。

特に腹横筋は普段なかなか使わない部位になるので意識的に鍛えることが大切です。ぽっこりお腹やウエストの引き締めに効果があります。

疲労軽減

加圧シャツの特徴として「血中乳酸濃度」が上昇してしまうのを防ぐ効果があります。

これは蓄積すると疲労として感じやすい物質になりますので、結果として疲労感を感じにくくなります。

運動後に乳酸が溜まってだるさが出てしまうのを防ぐ効果も期待できます。

スポンサーリンク

加圧シャツだけでは効果を実感しにくい

加圧シャツには基礎代謝をあげて脂肪を燃焼させる効果も期待できますが、ただ着るだけで思うような効果を得られるわけではありません。

運動や食事制限と合わせることでより加圧シャツの効果を高めることに繋がります。

運動時の体にかかる負荷を軽減してくれたり、パフォーマンスの向上にはとても効果的です。

加圧シャツはとても便利なアイテムですが頼りすぎず、筋トレや食事なども改善していくようにしましょう。

夏までに自信を持ってムキムキボディを披露したいものですね。

スポンサーリンク