衝撃!!秋田JR奥羽線の踏切でトラックと貨物列車が衝突!衝撃画像入手!死者は出たのか?

日中にとんでもない事故が起きました。

踏切内に止まっていたトラックにまさかの鴨列車が衝突です。

けが人死者などは・・・

スポンサーリンク

事故の概要

事故が起きたのは9日の0時ごろ秋田県井川町のJR奥羽線の踏切内で線路をまたいで右折待ちしていたトラックの荷台に札幌発大阪行きの貨物列車が衝突しるという事故が起きました。

10日昼過ぎ、秋田県井川町のJRの踏切で、貨物列車とトラックが衝突。踏切内に残っていたトラックの荷台部分が激しく壊れた。

事故があったのは秋田県井川町のJR奥羽線の踏切。10日午後0時15分ごろ、札幌から大阪に向かっていた貨物列車が踏切内でトラックの荷台と衝突した。トラックは運転席部分を含め、全長が約8メートルあった。

踏切を渡ってすぐの国道に右折して入ろうとしたものの、車の流れが途切れず、荷台の後ろ部分が踏切の中にはみ出たまま動けなかったという。

参照 NNNニュース

事故が起きた現場

貨物列車とトラックが衝突した場所ですが秋田県井川町のJR奥羽線の踏切と報道されています。

現場の踏切は国道7号線(秋田街道)近くの踏切ではないでしょうか。

出典 NNNニュース

画像を解析した結果、問題の踏切が発見できました。

道路には信号機はあるものの歩行者専用の押しボタン式信号で交通量がある場合にはなかなか右折がしにくい道路になっています。

トラックの会社が判明

画像を解明した結果トラックを運転していた会社が判明しました。

会社名は三協運輸株式会社 秋田営業所で秋田県秋田市河辺和田字下石川177−3に位置してます。

荷物を降ろした後に会社に戻ろうとした時に起きた事故だと思われます。

運転手もあやく帰りたいと焦って踏切音に気づかなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

この事故でのけが人、死者は?

こんな大事故ですが幸いにもトラックに乗っていた2人と貨物列車を運転していた運転手には奇跡的にけがなどはなかったようです。

ただトラックの荷台や列車の破損、そのあとの特急列車6本が運休になる被害がありました。

損害賠償はどうなる?

さて今回の事故ですがいったい損害賠償問題はどうなるのでしょうか?

一般的には踏切内に潜入して列車などの運航の妨げをした場合にはかなりの損害賠償がかかってきます。

それに列車の運休まで起こしていますから。

また詳しいことがわかり次第追記したいと思います。

ネットの反応

ネットではかなり厳しい意見が飛び交っています。

運転席が一番後にあったら前が空いてから渡ったんだろうなぁ。
無責任だったってことですよ。

参照 ヤフーニュース

画像コンテナが写ってるけど、中は大丈夫なのかね?
コンテナの中は、お客様に大切な荷物運んでから心配。

参照 ヤフーニュース

アホ過ぎる

踏切の手前で待つのが常識だろうが。
もう、運転免許はく奪だ。

参照 ヤフーニュース

おいおい三協運輸さん!ここはトラック待ち無理ですよ。ドライバーさん初心者?これは自腹じゃない。貨物まで止めて。

参照 ヤフーニュース

馬鹿過ぎる。
無理やり通れると思ったのか?
損害賠償が凄い事になりそうだ。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件だが深夜ということで列車側も発見が遅れていたのかもしれないが自動車の免許を取る際に踏切内の自動車の侵入について学んでるはずなのですが?

交通ルールーを待っていたら残念ながらこんな事故は起きていなかっただろうですね。