岩出玲亜 2億円報道の真相は?社長から特別ボーナスがヤバすぎる

3月10日の名古屋ウィメンズマラソンで、日本人最上位の5位に入った岩出玲亜選手が自己ベストの2時間23分52秒を出しています。

この結果に所属するアンダーアーマーからとんでもない金額のボーナスが支払われることに。

詳しく内容を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

岩出玲亜 2億円報道の真相は?

岩出玲亜 2億円報道の記事の詳細です。

この大会も東京オリンピックの選考会でしたが岩出玲亜選手でしたが2018年の同大会で日本人2位のタイムですでにMGCに選ばれています。

その中で自己ベスト更新と素晴らしいレースでした。

陸上の名古屋ウィメンズマラソンで、自己記録2時間23分52秒を出して日本人最上位の5位に入った岩出玲亜(24=アンダーアーマー)が11日、レースから一夜明けて名古屋市内で取材に応じた。

今大会を含めて、日本新記録(2時間19分12秒)を出せば、1億円のボーナスをもらう約束があったことを明かした。

「日本新を出したら1億円くださいって言ったら、社長が“なんとかするよ”って言ってくれました」

特別ボーナスの約束をしたのは、アンダーアーマーを手がけるドーム社の安田秀一社長。かつて所属したケンブリッジ飛鳥にも「9秒台なら1億円」を公言したことがある。

「会社は、毎週月曜日にパワーモーニングっていう朝礼があって、その前に社長に会って“名古屋に行ってきます”って言ったら、“日本新出せよ”って。それで“じゃあ1億円お願いします”と」

日本実業団陸上連合はマラソンの日本記録達成者に1億円の報奨金を出す制度を作っている。岩出が記録を実現すれば、2億円のビッグボーナスとなる可能性がある。

参照 スポニチ

スポンサーリンク

岩出玲亜の顔画像

岩出玲亜選手の顔画像です。

View this post on Instagram

岩出玲亜さん(@reiaiwade)がシェアした投稿

View this post on Instagram

岩出玲亜さん(@reiaiwade)がシェアした投稿

レースから一夜明けた岩出玲亜選手ですが本当にうれしそうですね。

スポンサーリンク

特別ボーナスがヤバすぎる

今回のレース前に岩出玲亜選手は所属するアンダーアーマーのドーム社の安田秀一社長に日本新が出たら1億円のボーナスを約束をしていたようです。

さらに日本実業団陸上連合はマラソンの日本記録達成者には1億円の報酬を出す制度があるそうで合計で2億円の報酬になる予定です。

頑張って日本新記録更新してもらいたいものですね。

ネットでの反応

ネットでも様々な意見が飛び交っています。

・日本新…。
昔は立派な記録だった。
今じゃ勝負になるギリギリの実力でしょうか…。
ぜひ、根本の実力で世界新に迫ってほしい。
そのぐらいじゃないと、東京は出るだけになる。
ましてやいつぞやのように、
走れないなんてのは残念。
五輪の成績にもニンジンを出してほしい。

・日本新も大事だけどオリンピック優勝の時はドーンと出してほしいですね。

・日本新で2億円もらえるかも知れない、となるとモチベーションが上がって、頑張れると思う。ただ、マラソンは日本新よりもオリンピックのメダルのほうが価値があるような気もする。

・是非とも、頑張ってほしいです。
ただ、昨日のレースを見る感じでは、自分からレースをつくっていくような状況にも見受けられなかったので、記録も優勝も自信の現状の課題がどれどけ把握しているのかにかかっていると思います。

・こういうの批判されがちだけど、良いと思います。
トップアスリートが記録を狙うのに、個人の意欲だけでは限界がありますから、ニンジンは必要です。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

岩出玲亜選手の2億円報道でしたがトップアスリートだから成し遂げれる偉業ではないでしょうか。

9月15日の東京五輪代表選考レースに向けてモチベーションが上がったに違いありません。

ぜひ東京オリンピックの表彰台を見たいものですね。