石塚文雄容疑者を逮捕!!バイクのクラクションに腹が立ち!顔画像は!?

バイクを運転中危ないと思い鳴らしたクラクションに腹を立てた石塚文雄容疑者。

バイクの男に金づちで脅しを・・・

そんな石塚文雄容疑者を緊急逮捕!!容疑者の素顔とは・・・

事件の概要

17日に事件が起きました。

バイクのクラクションの音に腹を立て、運転していた男性を金づちで脅した男が逮捕された。
逮捕された石塚文雄容疑者(60)は、栃木・宇都宮市の路上で、トラックを運転中、クラクションを鳴らしたバイクの運転手の男性に対し、金づちを持って、「ぶっ殺すぞ」などと脅迫した疑いが持たれている。
石塚容疑者は、容疑を認めている。
参照 FNNニュース

バイクのクラクションが腹が立つとはいえ金づちなど殺意があるものでの脅しはやはり過剰すぎると思います。

石塚文雄容疑者の顔写真などは???

気になる石塚文雄容疑者の顔写真や報道などほかに出ていないか調べてみることにします。

現在のところ残念ながら石塚文雄容疑者の顔などが断定されるものは見つかりません。

60歳ということでSNSなどは参加されてはいないと思いますが残念ながら特定される人物は見つかりませんでした。

フェイスブックのアカウント結果はこちら

現場の場所はいったいどんなところ?

では実際石塚文雄容疑者が金づちで脅した場所とは?

事件は栃木県宇都宮市の片道1車線の普通の道路です。

出典 FNNニュース

石塚文雄容疑者が運転していたと思われるトラックの映像です。

緊急逮捕のためかパトカーも来ています。

出典 FNNニュース

緊急逮捕のためかトラックがけん引の準備もなされています。

出典 FNNニュース

社内の様子から石塚容疑者は現場作業員だったと思われます。

出典 FNNニュース

出典 FNNニュース

場所は栃木県宇都宮市としか報道されておらず完全な場所の一致は断定は難しくこちらは場所がわかり次第追記したいと思います。

ネットではこんな意見が・・・

60歳にもなって余裕なさすぎ。

参照 ヤフーニュース

確かにそうですね。

不必要にクラクションならすやついてるしね。
お互い、器が小さい。
何でこんな所にとめるの?って車あるけどね。
クラクションならす方も、もし怖い人達やったら、脅すだけじゃ終わらんで。
グッと耐えなあかん。
けど60にもなって、脅すって情けない。

参照 ヤフーニュース

こういう事があるから、極力クラクションは鳴らさない。危ない!!と思っても、事故らなければいいか、という気持ち。(軽く「くらいはするけどプッ」)
ヘタにクラクション鳴らすとせっかく事故は免れたのに、違う傷を負いそうで怖い・・・

参照 ヤフーニュース

腹は立てても暴言暴力はダメでしょ
60にもなって残念

参照 ヤフーニュース

本当に、歩いていて突然ならされると、ムカつきます、

知り合いの車が横を通ったとか…、
安易に、危険を知らせる以外は鳴らして欲しくない。
でもこのジーさんキレすぎ。

参照 ヤフーニュース

などと賛否両論の意見が飛び交っています。

車、バイクなどのクラクションについて考えてみる

今回残念ながらクラクションのせいで脅しという形での逮捕となってしまいましたがクラクションの本当の意味が分かってない方が多いのではないでしょうか?

現実私でも運転中完全に威嚇と思われるクラクションなども経験したこともあります。

ネットでの意見でもある通りあきらさまにそこどけというクラクションも・・・・

道路交通法でも

第五十四条  車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一  左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二  山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

参照 道路交通法

とあるように鳴らすほうも鳴らされるほうももう少しモラルが必要ではないでしょうか。