稲垣ブロイラーで火災発生!ニワトリ6000羽被害!被害額は?愛知県豊橋市

愛知県豊橋市の養鶏場で火災がおきてしまいました。

鶏舎で飼育されていた名古屋コーチンなどニワトリおよそ6000羽が焼け死んでいます。

被害額はいくらになるのか詳しく追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

愛知県豊橋市石巻の養鶏場「稲垣ブロイラー」で5月9日お昼前の11時ごろ煙が出ているのを近くいた男性が通報しています。

火はおよそ2時間後に消えたものの飼育されていたニワトリなど1万羽のうち6000羽ほど焼け死んだようです。

9日午前11時前、愛知県豊橋市石巻の養鶏場「稲垣ブロイラー」の鶏舎から煙が出ているのを、近くにいた男性が見つけ消防に通報がありました。

消防車など8台が出て、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、9棟ある木造平屋建ての鶏舎のうち5棟およそ550平方メートルが全焼しました。

ケガ人はいませんでしたが、鶏舎で飼育されていた名古屋コーチンなどニワトリ1万羽のうち、およそ6000羽が焼け死んだということです。

警察と消防が詳しい出火原因を調べています。

参照 東海テレビ

スポンサーリンク

事故の現場

火事が起きた稲垣ブロイラー」ですが愛知県豊橋市石巻中山町大門27です。

現場には消防車8台が出て消火活動が行われたようです。

幸いにもけが人はなかったようですが6000羽のニワトリが一瞬のうちに失うこととなっています。

被害額は?

名古屋コーチンを含む6000羽のニワトリの被害額はいくらだったのでしょうか?

名古屋コーチンといえばブランドのニワトリで高額で取引されています。

通常の鶏肉だとしても1キロ当たり800円ほどで販売されており出荷されるニワトリからとれる食肉としては約1.2キロほど取れます。

ざっと計算して576万円となり卵や名古屋コーチンの肉と考えると1000万円ほどの損害になっているもののと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応は

ネットでも様々な意見が飛び交っています。

・名古屋コーチンって名古屋だけで生産されてると思ってました。
豊橋にも名古屋コーチンいるんだね。

・1000人の客を呼んでふるまえばよい。

・ニワトリさんがかわいそう。

・焼き鳥にして食べれば無駄にはならないと考えてしまった。。

・焼け死ぬのと焼き鳥になるのでは全然違うぞ。
合掌。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

出火原因などは分かっていませんが生産者にとっては大ダメージです。

愛知県はこのほかにも豚コレラ問題もあり畜産生産者にとっては死活問題です。

肩を落とさず頑張って再起してほしいですね。