茨城県常陸大宮市、栃木県那須烏山市で母親が自分の子供の首を絞め逮捕!!なぜ発覚したのか?

またしても児童虐待という悲しい事件が起きてしまいました。

母親が自分の子供の首を絞めるという悲しい出来事です。

いったいなぜ発覚したのか?

スポンサーリンク

事件の概要

茨城県常陸大宮市、栃木県那須烏山市で母親が子供の首を絞めていたという疑いで2人の母親が逮捕されています。

茨城県と栃木県で、母親が小学生の自分の子どもの首を絞めたとして逮捕される事件が相次ぎました。

茨城県常陸大宮市に住む42歳の女は、自宅で11歳の長女の首を複数回、両手で絞めた疑いが持たれています。女の子が通う小学校の先生が首にあざがあるのを見つけ、児童相談所に連絡して事件が発覚しました。

参照 ANNニュース

追記

茨城県常陸大宮市の母親の名前が判明いたしました。

名前は鈴木志津子容疑者42歳です。

顔画像などは今のところ報道されていません。

SNSなどで検索してみましたが同名のアカウントは存在するのですが本人と断定できるアカウントは分かってはいません。

フェイスブックの検索はこちら

なぜ発覚したのか?

今回の事件なぜ発覚したのでしょうか?

報道によるとそれぞれ通う小学校の先生が被害に合った子供の様子がおかしく首にあざがあるということで児童相談所に通報したことで今回の事件が発覚しました。

今回は小学校の先生や児童相談所の素早い対応でよかったです。

事件の現場

報道によると事件現場は茨城県常陸大宮市野中町と栃木県那須烏山市と報道されています。

出典 ANNニュース

茨城県常陸大宮市の事件は42歳の母親が11歳の長女の首を複数回絞めていた疑いで逮捕されています。

 

出典 ANNニュース

いっぽう木県那須烏山市の事件は32歳の母親が7歳の息子の首を絞めたとして逮捕されています。

それぞれの事件ですが子供が言うことを聞かなかったからだとしていますが首を絞められているとき子供はどんな感情を抱いたのでしょうか。

ましてや母親は子供が死んでしまうなどとは考えなかったのでしょうか。

母親の名前や自宅の住所などは一切明かされていませんのでこちらは分かり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

ネットでの反応

ネットでも様々な意見が飛び交っています。

自分たちだって親に手を焼かせながら成長してきたんじゃないの?首をしめられた子供達が心配ですね。自分を責めないようにメンタルケアが必要だし、親から離す事も必要では?

参照 ヤフーニュース

言うことを聞かないという理由で首を絞めていたら、子どもは何回死んだって命が足りない。
子どもはいうことをきくものじゃない、親のマネをして育つもんなんだ。
言うことを聞かないとしたら、それは親も子どもの話しを聞いてないからなんだ。

参照 ヤフーニュース

この担任の先生は子供達の事をよく見てくれているんですね。さすがです。見つけてなかったら、もっと大変な事になっていたと想像すると…
子供も勇気を出して、先生に本当のことを言うのは信頼できる先生だったのでしょう。

参照 ヤフーニュース

まとめ

今回の事件ですが小学校の先生のお手柄ではなかったのでしょうか。

小学校が義務教育ということで学校側も生徒の様子をしっかり監視できますし。

ただこのような事件は氷山の一角にしか過ぎないのではないでしょうか。

よく幼稚園児や保育園児の幼児虐待という話もよく耳にします。

これは幼稚園が義務教育ではないために先生方も気づきにくいのではないでしょうか。

幼い子供を守るためには身近な人の監視が改めて必要と感じます。

スポンサーリンク